ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 高齢者 > 認知症施策 > 「ちば認知症オレンジ大使」について

更新日:令和4(2022)年7月19日

ページ番号:482209

「ちば認知症オレンジ大使」について

令和4年6月24日 委嘱状交付式を行いました

 「ちば認知症オレンジ大使」委嘱状交付式について

令和3年度「千葉県認知症希望大使(仮称)」の募集について(※終了しました)

 認知症の人が生き生きと活動している姿は、認知症に関する社会の見方を変えるきっかけともなり、また、多くの認知症の人に希望を与えるものでもあると考えられます。認知症に対する画一的で否定的なイメージを払拭する観点からも、認知症の人本人が自らの言葉で語り、認知症になっても希望を持って前を向いて暮らすことができている姿等を積極的に発信していただける「千葉県認知症希望大使(仮称)」を募集します。

以下の募集要項を御確認いただき、令和4年1月31日(月曜日)までに御応募ください。

「千葉県認知症希望大使(仮称)」募集要項(PDF:100.2KB)

「千葉県認知症希望大使(仮称)」応募用紙(ワード:20KB)

認知症本人大使

「認知症施策推進大綱」(令和元年6月18日認知症施策推進関係閣僚会議決定)において、認知症の人やその家族が地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる地域共生社会を実現するため、認知症の人本人からの発信の機会が増えるよう 、地域で暮らす本人とともに普及啓発に取り組む「認知症本人大使」を創設しました。国は令和2年1月に5人の認知症本人大使を任命しました。大綱には、都道府県ごとに大使を設置することが目標として掲げられています。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課認知症対策推進班

電話番号:043-223-2237

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?