ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 高齢者 > 高齢者の虐待防止 > 高齢者虐待防止対策 > 平成29年度における県内の高齢者虐待の対応状況について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年3月27日

平成29年度における県内の高齢者虐待の対応状況について

発表日:平成31年3月26日

千葉県健康福祉部高齢者福祉課

平成31年3月26日に厚生労働省が、平成29年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する全国調査の結果を公表したので、県内の調査結果についてお知らせします。県としましては、高齢者虐待防止に向けて引続き取組んでまいります。

※〔〕内は平成28年度

1養護者による高齢者虐待についての対応状況

(1)相談・通報件数

県内54市町村で受付けた養護者による(家庭における)高齢者虐待に関する相談・通報件数は1,609件〔1,456件〕でした。

(2)虐待認定者数等

市町村が虐待を受けた又は受けたと思われたと判断した人数は837人〔833人〕でした。被虐待高齢者全体の74.9%が女性であり、また全体の51.3%が何らかの認知症の症状を有していました。

(3)虐待の種別(複数回答に基づく割合)

「身体的虐待」が68.5%と最も多く、次いで「心理的虐待」44.3%、「介護等の放棄」17.8%、「経済的虐待」16.8%、「性的虐待」0.6%の順でした。

(4)虐待者の続柄

虐待者は全体で874人おり、その内訳は「息子」が40.5%と最も多く、次いで「夫」23.8%、「娘」17.7%の順でした。

(5)市町村における対応状況

「虐待者からの分離を行った」のは30.5%(302人)、虐待者への指導助言や介護保険サービスの利用等により「分離しないで対応した」のは44.8%(444人)でした。

また、分離した場合の対応内容は、「契約による介護保険サービスの利用」により施設入所やショートステイ等を行ったものが30.8%(93人)、「老人福祉法に基づくやむを得ない事由等による措置」で施設等に入所したものが20.9%(63人)、「緊急一時保護」が14.6%(44人)でした。

2養介護施設従事者等による高齢者虐待についての対応状況

(1)相談・通報件数

県内54市町村で受付けた養介護施設従事者等による高齢者虐待に関する相談・通報件数は98件〔87件〕でした。

(2)施設種別

認知症対応型共同生活介護事業所で6件、特別養護老人ホームで5件、(住宅型)有料老人ホームで2件、(介護付き)有料老人ホームで1件、介護老人保健施設で1件、小規模多機能型居宅介護等で1件、老人短期入所施設で1件の計17件〔15件〕の虐待が確認されました。

(3)虐待の種別(複数回答に基づく割合)

特定された被虐待高齢者は全体で15人〔16人〕おり、その内訳は「身体的虐待」が73.3%、「心理的虐待」が33.3%、「介護等放棄」が20.0%でした。

(4)対応状況

市町村が施設等に対する調査を実施し、虐待の事実を確認した施設等に対し改善指導を行い、再発防止を図りました。

詳細資料

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者福祉課生きがい活動推進班

電話番号:043-223-2328

ファックス番号:043-227-0050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?