ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月23日

(南房総市)魚鼓

内容

  • 市指定有形文化財(昭和62年12月11日指定)
  • 住所:南房総市本織2014の1(曹洞宗)長谷山延命寺

魚鼓の写真近世、中国の黄檗禅と共に伝来した仏具で、胴中をくり抜き「斉粥のとき長打三通する」といわれており、同類に魚板、木魚がある。

魚は夜でも昼でも眼を開いているが、寸時も精神をゆるがせにしない、隙を見せたいという魚の姿を不眠勉学の譬えとし、怠惰を戒める禅宗の主旨に通じるものである。

即ち、魚鼓は禅寺でいろいろの「報らせ」を告げる合図に使うが、静寂な只管打座のきびしい雰囲気にこの枯れた音の響きは、人間の雑念排除を訴え、起居動作日課を演出するに最も似合う仏具である。

この古色蒼然とした荒々しくもダイナミックな彫りの見事さ大きさは他にその例を見ない。

制作年代:不詳
木質:不詳
全長:約270センチ
幅:約70センチ
魚名:鯉

出典・問い合わせ先

  • 出典:「三芳村の文化財」
  • 問い合わせ先:南房総市外部サイトへのリンク(旧三芳村が合併)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?