ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 健康県ちばづくり > たばこ対策について > 千葉県のたばこ対策に関するデータ > 受動喫煙の健康影響と健康増進法の改正について(令和元年度第4回インターネットアンケート調査の結果)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年5月21日

ページ番号:341936

受動喫煙の健康影響と健康増進法の改正について(令和元年度第4回インターネットアンケート調査の結果)

発表日:令和2年3月23日
健康福祉部健康づくり支援課

1.調査の目的

平成30年7月に改正健康増進法が成立し、多人数が利用する施設の原則屋内禁煙が義務化されることになりました。その施行(令和元年7月1日に一部施行、令和2年4月1日に全面施行)に向けて、ちば県民だよりや県ホームページによって周知するなど、法律に基づく受動喫煙対策を進めています。

そこで、受動喫煙の健康影響や改正健康増進法の規制内容について、認知度を調査し、今後の周知方法の検討するための資料として活用することを目的として、皆様のご意見やご提案を伺いました。

2.調査の実施状況等

(1)調査対象アンケート調査協力員1,499人

(2)調査時期令和2年1月31日~2月13日

(3)調査方法インターネットアンケート専用フォームへの入力による回答

(4)回答状況アンケート調査協力員1,499人のうち197人が回答(回答率13.1%)

(5)調査項目

問1.あなたは、たばこを吸っていますか。

問2.受動喫煙とは、「自分の意思とは関係なく他人のたばこの煙を吸ってしまうこと」を言います。あなたは、喫煙者だけでなく、非喫煙者にも受動喫煙により健康への影響があることを知っていますか。

問3.受動喫煙を原因とする病気として、あなたが知っているものを教えてください。

問4.あなたは、望まない受動喫煙の防止を目的として、飲食店・職場・遊戯場等において、令和2年4月1日から原則屋内禁煙となることを知っていますか。

問5.あなたは、令和2年4月1日以降、飲食店・職場・遊戯場等が従業員を含む20歳未満の方を喫煙エリア(喫煙室内や、喫煙ができる飲食店の屋内)に立ち入らせることができなくなることを知っていますか。

3.回答者の構成

(1)居住地(保健所圏)(回答者数:197人)

居住地

居住地については、『千葉市保健所圏』が26.4%と最も多く、次いで『市川保健所圏』が16.8%となりました。

(2)年齢(回答者数:197人)

年齢

年齢については、『70歳以上』が43.1%と最も多く、次いで『50歳~59歳』が19.8%となりました。

(3)性別(回答者数:197人)

性別

性別については、『男性』が74.6%、『女性』が25.4%となりました。

4.調査結果

問1.あなたは、たばこを吸っていますか。(1つ選択)(回答者数:197人)

問1たばこを吸っているか

たばこを吸っているかについてたずねたところ、『もともと吸っていない』が49.7%と最も多く、次いで『以前は吸っていたがやめた』が37.1%でした。

問2.受動喫煙とは、「自分の意思とは関係なく他人のたばこの煙を吸ってしまうこと」を言います。あなたは、喫煙者だけでなく、非喫煙者にも受動喫煙により健康への影響があることを知っていますか。(1つ選択)(回答者数:197人)

問2受動喫煙により健康影響があることを知っているか

非喫煙者に対する受動喫煙の健康影響についてたずねたところ、『知っている』が88.8%で最も多く、次いで『だいたい知っている』が10.7%でした。

問3.受動喫煙を原因とする病気として、あなたが知っているものを教えてください。(いくつでも)(回答者数:197人)

問3受動喫煙を原因とする病気

受動喫煙を原因とする病気として知っているものをたずねたところ、『肺がん』が98.0%と最も多く、次いで『心筋梗塞・狭心症』が69.5%、『胎児・乳幼児への悪影響』が63.5%、『脳卒中』が44.2%でした。

問4.あなたは、望まない受動喫煙の防止を目的として、飲食店・職場・遊戯場等において、令和2年4月1日から原則屋内禁煙となることを知っていますか。(1つ選択)(回答者数:197人)

問4原則屋内禁煙を知っているか

飲食店・職場・遊戯場等において、令和2年4月1日から原則屋内禁煙となることを知っているかたずねたところ、『知っている』が74.6%、『知らない』が25.4%でした。

問5.あなたは、令和2年4月1日以降、飲食店・職場・遊戯場等が従業員を含む20歳未満の方を喫煙エリア(喫煙室内や、喫煙ができる飲食店の屋内)に立ち入らせることができなくなることを知っていますか。(1つ選択)(回答者数:197人)

問5喫煙エリアに20際未満の方を立ち入らせることができないことを知っているか

令和2年4月1日以降、20歳未満の方を喫煙エリアに立ち入らせることができなくなることを知っているかたずねたところ、『知っている』が44.7%、『知らない』が55.3%でした。

 

たくさんのご意見をいただきありがとうございました。

今回の調査では受動喫煙による健康影響について、肺がんについては98%の方が知っているとのことでしたが、脳卒中については半数以上の方がご存知でないことが分かりました。

また、改正健康増進法による受動喫煙対策については、令和2年4月1日以降飲食店等が原則屋内禁煙となることについては約75%の方が知っているとのことでした。一方、20歳未満の方を喫煙エリアに立ち入らせることができなくなることについてはまだ半数以上の方がご存知でないことが分かりました。

望まない受動喫煙がなくなるよう、引き続き努めていくとともに、皆様からいただいたご意見は、受動喫煙の健康影響及び改正健康増進法による受動喫煙対策の普及啓発に向けた施策の検討に役立ててまいります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課健康ちば推進班

電話番号:043-223-2633

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?