サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > 福祉人材の養成・確保 > 千葉県福祉人材確保・定着推進方針(令和元年度~令和5年度)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年3月31日

千葉県福祉人材確保・定着推進方針(令和元年度~令和5年度)

発表日:令和2年3月31日
健康福祉部健康福祉指導課

県では、福祉・介護人材の確保・定着に向けた総合的な指針として、平成26年3月に「千葉県福祉人材確保・定着推進方針」を策定し、県内の関係団体等と連携・協働して様々な取組を実施してきました。

しかし、福祉、介護分野の人材不足は依然として深刻な状況にあり、さらなる取組が必要であることから、方針の見直しを行い、国の動向や状況変化等を踏まえた上で、新たな「千葉県福祉人材確保・定着方針」を策定しました。

方針概要

方針期間

令和元年度~令和5年度(5か年)

方針の目指す方向性

課題

高齢者福祉・障害福祉・児童福祉のいずれの分野においても、今後、支援を要する方々の増加が見込まれており、福祉・介護サービス量の拡充等が求められる一方で、少子高齢化の進展に伴い、生産年齢人口が減少し、労働力の確保が一層困難になることが予測されます。

方針の柱・目指す姿

本方針においては、「人材の確保」・「人材の育成」・「人材の定着」を3つの柱として総合的な取組を進めていくことにより、将来にわたり必要とされる福祉・介護サービスが安定的に提供されるよう、これを支える福祉・介護人材の確保を図っていきます。

取組方針

人材の確保 -福祉・介護職への新規就業を促進-

○福祉・介護職に関する理解の促進
-やりがい・魅力の情報発信や福祉教育の充実-

○多様な人材の参入促進
-研修・職場体験によるきっかけづくりやマッチング支援等-

○外国人介護人材の活用
-国の制度拡充等を踏まえた取組-

人材の育成 -サービスの向上や職員の処遇向上に繋がる知識・技術の習得-

○福祉・介護関係の資格取得支援
-介護福祉士等を養成するため、学費等を支援-

○福祉・介護職員のスキルアップ等支援
-研修等の実施やキャリアアップに向けた取組を実施する事業者を支援-

人材の定着 -職場環境の整備や限られた人的資源の最適化を図るための取組-

○福祉・介護現場における業務改善・働きやすい環境整備
-業務の切り分けや役割分担の明確化、ICTの活用など働きやすい環境の整備-

○職場の処遇改善・事業者の経営支援
-国への要望や事業者の経営安定化-

千葉県福祉人材確保・定着推進方針(令和元年度~令和5年度)

千葉県福祉人材確保・定着推進方針(令和元年度~令和5年度)【全文】(PDF:890KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課福祉人材確保対策室

電話番号:043-223-2606

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?