ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 海岸 > 千葉の海岸について > 九十九里沿岸の海岸津波対策

更新日:平成29(2017)年12月1日

九十九里沿岸の海岸津波対策

1.海岸津波対策の概要

九十九里沿岸では、海岸津波対策事業として、海岸堤防と保安林の砂丘及び九十九里有料道路のかさ上げを、全長41kmにおいて実施するとともに、普通河川の津波対策として、河口部に水門等を設置します。

海岸津波対策事業位置図

九十九里海岸全体と有料道路かさ上げ区間の位置図

位置図の拡大画像(PNG:160KB)

対策延長

  • 九十九里浜約60km
  • 津波対策延長41km
  • 海岸堤防27km
  • 保安林の砂丘14km
    そのうち
    有料道路かさ上げ延長8.9km
    (有料道路が主に海岸線と近接して並行している区間)

防護高さ

海岸保全施設等の高さの目安
T.P+6.0m(6.5m※)

※概ね一宮町一宮地先から東浪見地先まで
(T.P:東京湾平均海面)

 

2.九十九里有料道路かさ上げの概要

環境面(生態系の保全)、利用面(海水浴場等確保)、防護面(侵食傾向である砂浜保全)の観点から総合的に検討した結果、九十九里有料道路17.2kmのうち8.9km区間を津波対策としてかさ上げします。

有料道路かさ上げイメージ図

海沿いの海岸保全区域において海水浴場等の確保・生態系の保全と有料道路のかさ上げを行う

有料道路かさ上げ断面図

九十九里有料道路かさ上げ断面図

断面図の拡大画像(PNG:43KB)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川整備課海岸砂防室

電話番号:043-223-3152

ファックス番号:043-227-0259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?