ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月8日

海の危険生物について

海には、人間にとって危険な生物が多く生息しています。基本的には、いずれも一方的に人間を襲ってくるものではありませんが、誤って触れると被害を受ける場合があります。そのため、事前に海で遭遇する可能性のある危険生物についてよく調べ、どのような危険があるかを知ることが大事です。海を安全に楽しむために正しい知識を習得し、事故が起きないよう十分注意しましょう。

危険生物の種類

主な海の危険生物について紹介します。

刺毒をもつ主な生物
脊椎動物 棘皮動物 刺胞動物 環形動物 軟体動物

ハオコゼ

ゴンズイ

アカエイ

ガンガゼ

ラッパウニ

シロガヤ

カツオノエボシ

アカクラゲ

ウミケムシ ベッコウイモガイ
咬毒をもつ主な生物
軟体動物
ヒョウモンダコ
物理的危害がある主な生物
脊椎動物 軟体動物
ウツボ
サメ
カキ

危険生物の紹介

千葉県立中央博物館分館海の博物館

わかやま海域環境研究機構

鳥取県農林水産部水産振興局水産課

アットホーム株式会社 大学教授対談シリーズ こだわりアカデミー

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?