ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 観光・特産品 > 観光振興施策 > 観光立県の推進 > 「第3次観光立県ちば推進基本計画」の策定について

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年4月26日

「第3次観光立県ちば推進基本計画」の策定について

発表日:平成31年3月28日
(平成31年4月25日更新)

千葉県商工労働部観光企画課

県は、「千葉県観光立県の推進に関する条例」に基づき、「第3次観光立県ちば推進基本計画」を策定しました。

この計画は、本県観光を取り巻く環境変化を踏まえ、4つの重点課題として整理し、観光振興を推進するための施策を、実行すべき3つの戦略として取りまとめたものです。

今後は、「オール千葉」の体制で計画を推進することで、計画の目指すべき姿として掲げている「繰り返し選ばれる国際観光県CHIBA」の実現を図ってまいります。

1計画の位置づけと期間

(1)計画の位置づけ

「千葉県観光立県の推進に関する条例」第9条に基づく観光立県の実現に関する基本計画

(2)計画の期間

2019年度から2023年度まで

2計画の内容

※ファイルサイズが大きいので、一旦パソコンに保存した後、ご覧ください。

(1)本県の持つ強みを最大限に生かし、観光振興を図るための4つの重点課題を整理

  • <1>地域資源を活用した多様な観光需要への対応
  • <2>東京2020オリンピック・パラリンピックの開催効果の活用
  • <3>成田空港等の交通インフラの積極的な活用
  • <4>テクノロジー(ICT、AI技術)を活用した生産性の向上

(2)千葉県観光の目指すべき姿として、「繰り返し選ばれる国際観光県CHIBA」を設定

※数値目標(2023年):観光入込客数2億人、外国人延べ宿泊客数500万人、等

(3)実行すべき3つの観光戦略

【戦略1】国内外からのリピーターを獲得できる観光地域づくり

  • 体験型観光資源の磨き上げ、ユニバーサルツーリズムの推進等

【戦略2】本県の優位性を活用した国内外へのプロモーション

  • 海外及び全国に対する観光の魅力発信、旅行会社やメディアに対する積極的なプロモーション等

【戦略3】観光ポテンシャルの磨き上げ

  • 観光関係者・県民のおもてなし力の向上、県産品のブランド化、地域資源の掘り起こし等

※上記の3つの戦略の施策の中から、東京2020オリンピック・パラリンピックを起爆剤とした5つの重点加速化施策(地域資源を生かした滞在型観光地域づくり等)を設定

(4)多様な主体が連携した「オール千葉」での計画の推進体制

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?