• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年4月1日

3A

3A病棟の紹介

3A病棟へようこそ!

3A病棟は、心臓血管外科・小児科(小児循環器及び成人先天性心疾患)と透析室を併設した病棟です。高度医療を担う医療チームの一員として、日々知識に裏付けされた看護を行うこと、常に進歩していくことを目標に創造的な看護に取り組んでいます。小児循環器及び成人先天性心疾患患者さんとご家族に対し、退院後の療養生活や社会心理的な問題について相談や説明、指導を行っています。小児看護専門看護師が中心に医療相談員(MSW)や心理療法士の介入調整を行い外来との連携を図っています。医師、看護師と理学療法士とチームを編成し、心臓リハビリテーションに力を入れています。透析室では、腎機能や代謝機能の障害を抱えながら、循環器系疾患の治療を受ける患者さんに血液浄化療法を提供しています。

ウォーキングカンファレンス

術後リハビリ

透析室

健康のためにちょっと一句

「目を見張る自転車こいで若返り」by心臓(手術直後からベット上で筋力低下防止の運動を開始し、1週間前後から、ストレッチやエルゴメーターによる心臓リハビリテーションをリハビリ室で行っています。)

「この夏も血液ドロドロ要注意」by血管内(汗をかいた時はもちろん、冷房の効いた部屋に居ても水分補給を忘れずにしましょう)

看護師のひと言

  • 高齢者社会に伴い、心臓血管外科の手術も高齢者が多く、術後はゆっくり一歩ずつ前に進んでいくことができるように、また患者さんの長い人生経験のなかでの価値観を大切に援助しています。
  • 先天性心疾患患児やご家族に対して、発達段階を考えた遊びや学習に取り組んでいます。6ヶ月後、1年後の検査入院時には「大きくなったね」(*^_^*)と成長を家族同様に喜んでいます。