ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 医療機能情報提供制度について

更新日:令和6(2024)年1月29日

ページ番号:616991

医療機能情報提供制度について

【お知らせ】全国統一システムへの移行について

現在お使いいただいている千葉県医療情報提供システム(ちば医療なび)外部サイトへのリンクは令和6年3月末で廃止され、以下の二つのシステムのサービスが開始されます。

  1. 医療機関等情報支援システム(G-MIS)外部サイトへのリンク  
    令和6年1月から実施予定の定期報告からサービスが開始される、医療機能に関する情報(以下「医療機能情報」という。)の報告先となるシステム。
  2. 全国統一システム(医療情報ネット) 
    令和6年4月にサービスが開始される、地域の住民・患者(以下「県民等」という。)向けの医療機能情報閲覧システム。
  • 医療機関の皆様へ 
    各医療機関でご対応いただく作業や時期につきましては、随時こちらのページや通知等でお知らせする予定です。

医療機関の皆さまへ【令和5年度定期報告について】

1.令和5年5月末以前に開設していた医療機関の皆さま【定期報告をお願いします】

医療機関等情報支援システム(G-MIS)を用いた令和5年度定期報告を行っていただく必要があります。

令和5年度の定期報告は、令和6年1月30日(火曜日)から令和6年3月13日(水曜日)の期間に行っていただきますようお願いいたします。

なお、昨年度まで使用していた千葉県医療情報提供システム(ちば医療なび)は使用しませんのでご注意ください。

報告方法

G-MISのログインページから、ユーザ名、パスワードを入力し、ログインを行います。詳細は以下のマニュアルを参照してください。G-MISのユーザ登録をまだしていない方は「【医療機関の皆さまへ】G-MISユーザ登録について」の項をご覧ください。

【ログイン】G-MIS操作マニュアル(PDF:1,090.3KB)

 (G-MISログイン、動作環境等について記載しています。)

  • 「G-MIS」ボタンをクリックすると、G-MISのトップページにアクセスすることができます。トップページの「医療機能情報提供制度」のボタンをクリック後、「定期報告」ボタンをクリックすることで、定期報告を行えます。
  • 各項目については「ちば医療なび」の令和5年5月末現在の報告データが入力されていますが、移行がされていない項目、今年度から新しく追加された項目等もあるため、全項目の入力内容を確認してください。また、入力に際しては、G-MIS内に掲載している、各種マニュアル、報告事項説明資料等を必ずご覧ください。
  • ユーザ名、パスワードを忘れてしまった場合は、G-MISのログイン画面下部に記載されている手続きに従ってください。
  • なお、定期報告された内容については、令和6年4月から運用が開始される「医療情報ネット」にて公開されますが、3月13日までに報告がされなかった医療機関については、医療情報ネット運用開始時点での施設情報の公開がされませんのでご注意ください

2.令和5年5月末以降に開設した医療機関の皆さま【新規報告をお願いします】

G-MISを用いた新規報告を行っていただく必要があります。

報告方法

G-MISのログインページから、ユーザ名、パスワードを入力し、ログインを行います。詳細は以下のマニュアルを参照してください。G-MISのユーザ登録をまだしていない方は「【医療機関の皆さまへ】G-MISユーザ登録について」の項をご覧ください。

【ログイン】G-MIS操作マニュアル(PDF:1,090.3KB)

 (G-MISログイン、動作環境等について記載しています。)

  • 「G-MIS」ボタンをクリックすると、G-MISのトップページにアクセスすることができます。トップページの「医療機能情報提供制度」のボタンをクリック後、「新規報告」ボタンをクリックすることで、新規報告を行えます。
  • 入力に際しては、G-MIS内に掲載している、各種マニュアル、報告事項説明資料等を必ずご覧ください。
  • ユーザ名、パスワードを忘れてしまった場合は、G-MISのログイン画面下部に記載されている手続きに従ってください。
  • なお、定期報告された内容については、令和6年4月から運用が開始される「医療情報ネット」にて公開されます。

【医療機関の皆さまへ】G-MISユーザ登録について

令和5年5月末時点で「ちば医療なび」に登録されている医療機関のデータについては、既にG-MISにデータを移行しているところです。

これらデータ移行済の医療機関に対し、令和5年10月23日にG-MIS事務局から「【厚生労働省G-MIS事務局】G-MISアカウント発行にかかる事前のご連絡」というメールが送信されています。

このメールが届いたか否かで各医療機関ごとに行っていただく作業が異なりますので、以下のとおり御対応をお願いいたします。

メールが届いた医療機関

令和5年11月6日に、G-MIS事務局から「【厚生労働省G-MIS事務局】G-MISのご利用準備完了に伴うパスワード登録のご依頼」というメールが送信されているので、メールに沿ってパスワードの設定をお願いいたします。

メールが届かなかった医療機関

令和5年5月末以降に開設した医療機関

令和5年5月末以前から開設していたが、令和5年5月末時点でちば医療なびにメールアドレスを登録していなかった医療機関

G-MIS新規ユーザ登録申請フォーム外部サイトへのリンク」から、G-MISの新規ユーザ登録を行っていただき、G-MISのアカウント発行手続きを行っていただくようお願いいたします。

G-MIS新規ユーザ登録申請マニュアル(PDF:2,639.3KB)

(新規ユーザ登録申請、動作環境等について掲載されています。)

令和5年5月末以前から開設しており、かつ令和5年5月末時点でちば医療なびにメールアドレスを登録していた医療機関

令和5年5月末時点で「ちば医療なび」に登録していたメールアドレスが、現在使用しているメールアドレスと異なっている、メールボックスの容量の空きがなくなっている等の原因が考えられます。

メールアドレスが異なっている場合は、お手数ですが、医療整備課医療指導班のメールアドレス「iryou-b(アットマーク)mz.pref.chiba.lg.jp」宛てに、以下の件名、本文内容をご記載の上、メールしていただきますようお願いいたします。
※(アットマーク)を@に変更して送信してください。

メールに記載していただきたい内容

件名:〇〇クリニック G-MISユーザについて

本文内容:1.医療機関名、2.医療機関所在地、3.G-MISに登録するメールアドレス、4.連絡先

1. 制度について

医療機関等に対して、医療を受ける者が医療機関等の選択を適切に行うために必要な情報 (医療機能情報)について、都道府県への報告を義務付け、都道府県がその情報を集約し、 わかりやすく提供する制度です。

  • 医療法第6条の3に基づき、病院、診療所又は助産所の管理者は、医療を受ける者が病院等の選択を適切に行うために必要な情報として厚生労働省令で定める事項(医療機能情報)を知事に報告しなければならないことが定められています。

2. 全国統一システムへの移行について

G-MISを活用した報告により、病院等の報告負担軽減されること、住民・患者の利便性が向上されることが期待されるため、全国統一システムへ移行することとなりました。

  • G-MIS(Gathering Medical Information System、医療機関等情報支援システム)は、全国の医療機関の様々な情報を一元的に把握・支援する国の共通基盤です。

参考情報

(全国のネット、制度のイメージ、医療機能情報提供制度実施要領が記載されています。)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課医療指導班

電話番号:043-223-3884

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?