サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 動物・ペット > 動物一般 > 特定動物の飼養・保管について

更新日:平成29(2017)年6月20日

特定動物の飼養・保管について

概要

平成17年6月に「動物の愛護及び管理に関する法律」(昭和48年法律第105号)が改正され、特定動物の飼養・保管について、条例による規制から全国一律の許可規制となりました。
特定動物とは、ライオン、ワニ、サル、など人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれのある動物であり、「動物の愛護及び管理に関する法律施行令」により定められています。
特定動物一覧(PDF:34KB)

特定動物を飼養・保管しようとする方は、特定動物種ごとに、特定動物の飼養又は保管のための施設の所在地を管轄する知事の許可を受けなければなりません。
許可申請の手続は、最寄りの健康福祉センター(保健所)で行うことができます。(申請手数料17,000円)
法の規定による許可を受けずに、特定動物の飼養・保管をしたり、不正な手段によって飼養・保管の許可を受けた者は、100万円以下の罰金が科されることがあります。

制度の内容

  • 特定動物に対し、マイクロチップ、入れ墨などによる個体識別措置が義務づけられます。
  • 特定動物の飼養・保管者は、特定動物が逸走できない構造の施設を設置し、危害防止を図ることが義務づけられます。
  • 施設の構造、特定動物の飼養・保管の方法が基準に適合しなくなった時は、許可の取消しや改善命令などの措置があります。

問い合わせ先

詳しくは、最寄りの健康福祉センター(保健所)にお問い合わせください。
なお、

にお問い合わせください。

参考

特定動物一覧(PDF:34KB)

案内リーフレット(PDF:775KB)

申請様式

特定動物飼養・保管許可申請書(PDF:82KB)

特定飼養施設外飼養・保管届出(PDF:70KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?