ここから本文です。

報道発表案件

更新日:平成30(2018)年3月23日

ページ番号:17101

アクアライン割引による経済波及効果について

発表日:平成29年1月26日

県土整備部道路計画課

平成26年4月から実施されている東京湾アクアラインの通行料金引下げ継続(アクアライン割引)による経済波及効果をとりまとめました。
観光消費による経済波及効果は約968億円、企業の設備投資による経済波及効果は約69億円、また企業の増加した生産額による経済波及効果は約118億円となり、首都圏全体の経済波及効果は約1,155億円と推計され、首都圏の経済の活性化に大きく寄与しています。

1アクアライン割引の経済波及効果

  • 首都圏全体の経済波及効果は、約1,155億円
  • 千葉県における経済波及効果は、約869億円

※通行料金引下げ継続後の平成26年4月から平成28年9月までの2年6か月間の効果

説明資料(PDF:529KB)(別ウインドウで表示)

2アクアライン交通量の状況

  • 平成27年度のアクアラインの交通量は、44,000台/日
  • 社会実験前の平成20年度と比較して、約2.1倍に増加
  • 料金引下げ継続前の平成25年度と比較して、約1.1倍に増加

(参考)アクアライン割引の概要

平成21年8月からETC普通車800円等とする「東京湾アクアライン通行料金引下げ社会実験」を開始し、実験開始から1年間の経済波及効果は約358億円と推計されました。平成26年4月からは、「アクアライン割引」として通行料金引下げが継続されています。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部道路計画課高速道対策・館山道促進班

電話番号:043-223-3120

ファックス番号:043-224-3150

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?