ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年9月3日

ページ番号:16724

高滝ダムの目的

  1. 洪水調節
  2. 流水の正常な機能維持(不特定用水)
  3. 水道用水の確保

 1.洪水調節

ダム地点の計画高水流量(流入量)毎秒1,110立方メートルのうち毎秒610立方メートルを調節することで、下流河川の洪水流量を低減し、被害を軽減します。
(平成24年3月1日の操作規則変更により、調整量を毎秒280立方メートルから毎秒610立方メートルに変更しました。)

養老川流量配分図

養老川流量配分図クリックで拡大画像を表示(JPG:66KB)

ダム地点の計画高水流量(流入量)毎秒1,110立方メートルのうち毎秒610立方メートルを調節し、最大毎秒500立方メートルの放流を行います。

貯水池容量配分図

貯水池容量配分図クリックで拡大画像を表示(JPG:33KB)

※常時貯留している利水容量、洪水時に一時的に貯留する洪水調節容量、堆砂を見込んだ堆砂容量から成り立っています。

洪水調節容量図

洪水調節容量図クリックで拡大画像を表示(JPG:44KB)

※洪水調節は(1)~(4)の手順で行っています。

 2.流水の正常な機能維持(不特定用水)

不特定用水模式図クリックで拡大画像を表示(JPG:35KB)

河川をきれいに保ち、既存の農業用水などの安定した取水ができるよう、ダムで調節して常時放流します。
※(渇水が続くおりでも)養老川の正常な機能の維持と増進を図ります。

 

 3.水道用水の確保

水道用水模式図クリックで拡大画像を表示(JPG:39KB)

新規開発水量として、千葉県営水道に日最大95,000立方メートル(毎秒1.1立方メートル)、市原市営水道に日最大43,200立方メートル(毎秒0.5立方メートル)が貯水池内の取水場から取水されます。
※1日最大58万人分(1人1日約240リットル使用)の生活用水を確保していることとなります。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部高滝ダム管理事務所管理課

電話番号:0436-98-1411

ファックス番号:0436-98-1414

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?