ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年3月17日

ページ番号:408866

片倉ダムの概要

1.片倉ダム本体の諸元

片倉ダム断面図

片倉ダム断面図(JPG:276.3KB)

 

片倉ダム立面図

片倉ダム立面図(JPG:304.7KB)

位置 左岸
右岸
形式 重力式コンクリートダム
ダム堤高 42.7m
ダム堤頂長 154.0m
ダム提体積 74,000立方メートル

2.貯水池の諸元

片倉ダム貯水池容量配分図

片倉ダム貯水池容量配分図(JPG:613.4KB)

 

集水面積 18.64k平方メートル
湛水面積 0.70k平方メートル
サーチャージ水位 EL.125.60メートル
常時満水位 EL.119.80メートル
最低水位 EL.111.50メートル
総貯水容量 8,140,000立方メートル           
有効貯水容量 6,540,000立方メートル
洪水調節容量 3,230,000立方メートル
利水容量 3,331,000立方メートル
堆砂容量 1,870,000立方メートル

3.片倉ダムのおいたち

片倉ダムは、亀山ダム上流5kmの二級河川小櫃川支川笹川の君津市笹地先に位置し、亀山ダムと連携して洪水調節、流水の正常な機能維持、水道用水の確保を行う多目的ダムです。ダム工事は昭和40年から開始され、昭和56年に完了しました。

4.片倉ダムの目的

(1)洪水調節

亀山ダムと連携して、降雨時に下流河川の被害を軽減するためにダムに水を貯留します。

(2)流水の正常な機能維持

亀山ダムと連携して、下流河川の水位を一定の高さに保つようにしています。

(3)水道用水の確保

亀山ダムと連携して、生活に必要な分の水を放流しています。

 

お問い合わせ

所属課室:県土整備部亀山・片倉ダム管理事務所管理課

電話番号:0439-39-2400

ファックス番号:0439-39-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?