ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 高病原性鳥インフルエンザについて~県民の方々へ~ > 高病原性鳥インフルエンザまん延防止に係る道路消毒の実施について

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年2月11日

ページ番号:416893

高病原性鳥インフルエンザまん延防止に係る道路消毒の実施について

発表日:令和3年2月11日
農林水産部畜産課

相次いで発生している高病原性鳥インフルエンザまん延防止のため、道路消毒の実施場所を追加します。

実施場所

・匝瑳市の発生農場を中心とした、移動制限区域内の主要道路。

・総延長約11Km(2車線道路は双方向で実施)

実施日

・令和3年2月11日(木)から令和3年3月12日(金)まで(30日間)雨天中止

実施頻度

・1日に1回実施

実施体制

・散水車1台、後続車1台

実施方法

・散水車にて積載タンク内の消毒薬(次亜塩素酸ナトリウム)を路面に散水します。

・消毒薬(次亜塩素酸ナトリウム)は、飲食器具やプール水の消毒にも使われるものです。

・道路周辺の作物などへの飛散に十分注意して散水を行います。

・路面凍結に留意し、道路側溝等への消毒薬の流入を少なくするため、走行速度や散布量を調整して行います。

・実施にあたっては、地元車両優先とし、通学時間や通勤時間に配慮して行います。

・作業の開始時、及び終了時には消毒ポイントで車両の消毒を実施します。

・道路等の状況を確認するため、作業の実施前に試走を行います。

 我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課企画経営室

電話番号:043-223-2777

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?