ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > 高病原性鳥インフルエンザについて~県民の方々へ~ > 高病原性鳥インフルエンザ「疑似患畜」の発生について 第72報(令和3年2月11日)

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年2月11日

ページ番号:416888

高病原性鳥インフルエンザ「疑似患畜」の発生について 第72報(令和3年2月11日)

発表日:令和3年2月11日
農林水産部畜産課

  匝瑳市の2農場で飼養されている鶏について、本日7時に高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(9例目及び10例目)であることを確認したので、その概要をお知らせします。

※疑似患畜とは:家畜伝染病予防法において、患畜となるおそれがある家畜のことで、確定した場合、殺処分などの防疫措置を講じることとなります。

概要

1 農場概要

所在地:匝瑳市

飼育状況:9例目 採卵鶏   約79,000羽

     10例目 採卵鶏   約278,000羽

2 異常発見の経緯

 9例目

(1)10日(水)、鶏舎2棟のうち1棟内で、まとまって死亡しているのを発見

(2)9時に農場より北部家畜保健衛生所へ異常発生の通報

(3)死亡鶏は鶏舎の真ん中から奥にかけてまとまって死亡している

(4)当該鶏舎以外の鶏舎では、異常は認められていない

10例目

(1)10日(水)、鶏舎5棟のうち1棟内で、通常でない羽数(36羽)の死亡を発見

(2)12時30分に農場より北部家畜保健衛生所へ異常発生の通報

(3)死亡鶏は鶏舎でまとまって死亡している

(4)当該鶏舎以外の鶏舎では、異常は認められていない

3 検査実施状況

9例目

10日  10時50分 北部家畜保健衛生所職員が農場に立入検査

     13時    簡易検査陽性

10例目

10日  14時50分  北部家畜保健衛生所職員が農場に立入検査

   16時     簡易検査陽性

9例目・10例目

11日  5時頃      中央家畜保健衛生所での2例の遺伝子検査の結果を農林水産省動物衛生課に送付

     7時頃    農林水産省で疑似患畜と判定

4 県の対応

(1)当該農場の鶏の殺処分等の実施

(2)発生農場の半径3km区域内の鶏等の移動制限、3~10km区域内の鶏等の搬出制限

(3)周辺農場の異常の有無の確認及び県内の全養鶏場に対する注意喚起

(4)発生農場の周辺地域で、畜産関係車両を消毒するために、新たに消毒ポイント1か所を新規に設置

(5)緊急消毒を匝瑳市と旭市で実施

5 今後の予定

(1)11日8時00分に防疫措置開始

(2)11日に県防疫対策本部会議を書面開催

(3)防疫措置完了まで毎日11時30分と16時30分に防疫措置状況を公表

 

【報道機関へのお願い】

  1. 農場等での取材は、本病のまん延を引き起こす恐れもあることから、厳に慎むようお願いします。特に、ヘリコプターやドローンを使用しての取材は防疫作業の妨げとなるため、厳に慎むようお願いいたします。
  2. 今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することのないよう、ご協力をお願いします。

 我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課企画経営室

電話番号:043-223-2777

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?