サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

畜産農家の皆様へ

  • 皆様が、普段給与している輸入飼料には、除草剤成分が残留している可能性があり、家畜への給与により、この成分が排せつ物中に排出されることがあります。
  • この成分を含む畜ふん堆肥を施用した場合、トマトや花苗等に生育障害が発生する恐れがあります。
  • トマトや花苗等を生産する農家などへ畜ふん堆肥(原料を含む)を販売・譲渡する場合は、注意が必要です。  

畜産農家の皆様へ(PDF:202KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課環境飼料班

電話番号:043-223-2944

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?