ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年10月9日

ページ番号:19366

災害時に備えて、車のタンクは満タンに

「満タン&灯油プラス1缶運動」について

災害発生時には、交通網の混乱や一時的な供給量の縮小により、ガソリンスタンドでの給油待ちの行列や在庫欠乏が発生することが懸念されます。

また、ガソリンスタンド周辺の道路では、大規模渋滞が発生し、緊急車両や救援物資を積んだ車両の通行が滞るなど、復旧支援活動を妨げるおそれがあります。

全国石油商業組合連合会及び全国47都道府県石油組合では「車のタンクは満タン」、「灯油は1缶余裕を持って保管」を心掛ける「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開しています。

各家庭において、いざというとき慌てないように備えておきましょう。

詳細については、「満タン&灯油プラス1缶運動」ホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

満タン

住民拠点SSについて

資源エネルギー庁は、ガソリンスタンド(SS:サービスステーション)のうち、自家発電機を備え、災害時に地域の燃料供給拠点となる「住民拠点SS」の整備・指定を全国で進めています。

千葉県の「住民拠点SS」の情報(給油所名、住所、電話番号等)は、資源エネルギー庁のホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

 

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部防災政策課政策室

電話番号:043-223-2163

ファックス番号:043-222-5208

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?