サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 動物・ペット > 動物愛護センター > 子猫の一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)を募集します

更新日:平成30(2018)年7月30日

子猫の一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)を募集します

動物愛護センターに収容・保護される猫の大半は哺乳が必要な離乳前の子猫です。その命を可能な限り救うため、子猫の一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)制度を平成29年度に制定しました。

子猫の一時飼養ボランティアとは・・・

動物愛護センターで収容・保護された離乳前の子猫を一時的に自宅等で哺乳していただき、哺乳期が過ぎたら動物愛護センターにお返ししていただきます。ここまでが子猫の一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)の仕事となります。

【関連資料】子猫の一時飼養ボランティアの流れ(PDF:218KB)

注意事項

  • ミルク代や緊急時の病院代等、子猫の育成に関わる費用は全て御負担いただき報酬手当て等の支給はありません。また、子猫の一時的飼育体験等を目的とされている方は御遠慮いただきます。

登録資格

ミルクボランティアに登録するには下記の資格が必要です。

  • 千葉県内に在住していること
  • センターが実施する講習会を受講していること
  • 集合住宅・賃貸等の場合、猫の飼養が規約等で認められていること
  • 子猫の一時飼養するにあたり、家族全員の同意が得られ尚且つ衛生的な飼養環境と必要資材を確保できること
  • 子猫の一時飼養する間は、頻繁なお世話が可能であること
  • 先住猫がいる場合、受け入れ前(1年以内)に3種以上の混合ワクチン接種し、先住猫と隔離できるスペースがあること
  • その他、子猫の一時飼養ボランティアとして適切であると判断された者

講習会

現在、開催予定はありません

仕事内容

お預かり期間中は下記の作業をお願いします。詳しくは講習会で説明します。

  • 最低1日5~6回の哺乳(4~5時間おき)
  • 離乳食等の給餌・排泄の補助
  • 日々の健康管理・社会化の為のふれあい
  • 成長記録の作成(簡単な日誌をつけていただきます)
  • 愛護センター等からの子猫の送迎

備考

  • 第1回講習会(平成30年5月28日・本所)終了しました。
  • 第2回講習会(平成30年6月9日・東葛飾支所)終了しました。
  • 第3回講習会(平成30年7月28日・東葛飾支所)終了しました。

ページの先頭へ戻る

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部動物愛護センタ-保護指導課

電話番号:0476-93-5711

ファックス番号:0476-93-5326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?