ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(県税) > 自動車は変わっていないのに昨年度と税額が違うのはなぜですか。

更新日:令和2(2020)年3月11日

ページ番号:335711

自動車は変わっていないのに昨年度と税額が違うのはなぜですか。

質問

自動車は変わっていないのに昨年度と税額が違うのはなぜですか。

回答

グリーン化税制(平成14年4月施行)により、自動車税の種別割額が増加(減少)する場合があります。
環境性能の優れた一定の要件を満たす自動車は、新車新規登録の翌年度に限り通常より低い税率(軽課税率)が適用されます。この場合、新車新規登録の翌々年度以降は標準税率が適用されるため、新車新規登録の翌々年度の税額は前年度と比べ高くなります。

また、新車新規登録(初度登録)から一定年数を経過すると、通常より高い税率(重課税率)が適用され、以降毎年度重課税率が適用されます。

詳細は、以下の関連リンク「自動車税4.グリーン化税制」のページをご覧ください。

※新車新規登録をした年月(初度登録年月)は、お手元の車検証でご確認ください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課課税調査班

電話番号:043-223-2117

ファックス番号:043-225-4576

所属課室:総務部千葉県自動車税事務所課税第二課

電話番号:043-243-2721

ファックス番号:043-243-2555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?