ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 県税 > 県税のあらまし > 県税の種類 > 個人の県民税 > 個人住民税の寄附金控除制度が拡充されました(条例指定)

更新日:平成28(2016)年3月11日

個人住民税の寄附金控除制度が拡充されました(条例指定)

平成20年度の税制改正により、個人住民税(個人県民税・個人市町村民税)の寄附金控除制度が拡充され、自治体が条例で指定した寄附金が新たに控除対象となりました。

千葉県では、平成20年10月に千葉県県税条例を改正し、個人県民税の控除対象寄附金を以下のとおり指定しました。
この条例による指定は、平成20年1月1日以降になされた寄附から適用されます。

なお、個人市町村民税の控除対象寄附金については、市町村の条例により指定されます。

従来の控除対象寄附金

  1. 地方自治体に対する寄附金(ふるさと納税)
  2. 日本赤十字社千葉県支部に対する寄附金のうち、寄附金の募集に当たり総務大臣の承認を受けたもの
  3. 千葉県共同募金会に対する寄附金

上記寄附金に加え、条例で指定した以下の寄附金が新たに控除の対象となりました。

新たに控除対象となった寄附金(平成20年1月1日以降の寄附に適用)

4.所得税法第78条第2項第2号及び第3号に掲げる寄附金*1のうち、次に掲げるものに対する寄附金

  • ア 県内に主たる事務所(事業所)を有する法人又は団体
  • イ アのほか、県内に学校等*2の校舎・園舎を有する法人
  • ウ アのほか、県内で社会福祉事業を実施する法人

5.所得税法第78条第3項に規定する特定公益信託*3(千葉県知事又は千葉県教育委員会が主務官庁の権限に属する事務を行うものに限る)の信託財産とするための寄附金

6.認定特定非営利活動法人*4(県内に主たる事務所を有するものに限る)に対する寄附金

*1:a.財務大臣が指定した寄附金(国立大学法人に対する寄附金など)
b.独立行政法人に対する寄附金
c.公益社団・財団法人に対する寄附金
d.学校法人に対する寄附金(入学に関するものを除く)
e.社会福祉法人に対する寄附金
f.更生保護法人に対する寄附金

*2 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校、幼保連携型認定こども園、専修学校(一定のもの)、各種学校(一定のもの)

*3 公益信託のうち、所得税法上の主務大臣による認定を受けたもの。

*4 NPO法人のうち、租税特別措置法上の国税庁長官又は千葉県知事(その事務所が、千葉市内のみに所在する場合は、千葉市長)による認定を受けたもの。

 

対象となる法人一覧(平成27年12月31日現在)

全法人一覧(エクセル:229KB)

国立大学法人(PDF:68KB)

赤十字(PDF:55KB)

独立行政法人(PDF:92KB)

地方独立行政法人(PDF:53KB)

学校等を有する法人(PDF:912KB)

社会福祉事業を実施する法人(PDF:918KB)

公益社団法人・公益財団法人(PDF:384KB)

更生保護法人(PDF:58KB)

認定(仮認定)NPO法人(PDF:157KB)

寄附金控除額について

寄附金額から2,000円を差し引いた額の4%が個人県民税から控除されます。同じ寄附金が市町村でも指定されている場合は、市町村民税分の6%と合わせて10%が控除されます。

なお、控除対象となる寄附金額の合計が総所得金額、退職所得金額、山林所得金額の合計額の30%を超える場合には、寄附金額ではなく、当該総所得金額等の30%相当額が控除対象額となります。

※地方自治体に対する寄附(いわゆる「ふるさと納税」)については、控除額の計算方法が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

「ふるさと納税」(個人住民税の寄附金控除)について

個人住民税の寄附金控除を受けるためには

  • 所得税の寄附金控除と個人住民税の寄附金控除の両方の適用を受けるためには、所得税の確定申告を行う必要があります。
  • 所得税の確定申告書を提出せず、個人住民税の寄附金税額控除のみを受けようとする場合は、お住まいの市町村への簡易な申告によることができます。
  • 申告に当たっては、寄附先の法人や団体が発行した、寄附金の受領を証明する書類(領収書等)の添付が必要となります。
  • e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して所得税の確定申告を行う場合は、領収書等を添付する必要はありませんが、税務署等から提示を求められることがあるので、申告期限後3年間保管してください。
  • 確定申告書には、領収書等に記載されている寄附先の法人名、法人の所在地、寄附金額を記載してください。
  • 個人住民税の寄附金控除は、寄附をした年の翌年1月1日現在の住所地の都道府県・市区町村における指定状況により適否が決定されます。
  • 平成27年1月1日から12月31日までの間になされた寄附金は、住民税については平成28年度分の税額から、所得税については平成27年分の税額から控除されます。

市町村の指定状況について

県内各市町村の指定状況については、以下の指定状況一覧をご覧ください。なお、指定内容の詳細については、各市町村の税務担当課にお問い合わせください。

市町村指定状況一覧(PDF:64KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課課税調査班

電話番号:043-223-2117

ファックス番号:043-225-4576

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?