ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年9月3日

北朝鮮の核実験に伴うモニタリングの強化について(平成29年9月3日)

発表日:平成29年9月3日

環境生活部大気保全課

本日、北朝鮮で核実験が行われた可能性が高いことから、県では原子力規制庁の依頼を受け、放射性物質の測定頻度を増やしました。

このモニタリング強化後の大気浮遊じん及び降下物(ちり、雨水等)の測定結果は、まとまり次第、県のホームページに掲載します。

なお、空間放射線量の毎時間値は、従来からリアルタイムで県のホームページに掲載しています。

 

平成29年9月12日追記

「モニタリングについては通常体制に復するものとする」との国からの連絡を受け、平成29年9月12日より、通常どおりの測定頻度に戻しました。

1.モニタリング強化事項

測定場所は、県環境研究センター(市原市岩崎西)

(1)地上の大気浮遊じん

測定を3か月毎から毎日としました。

(2)降下物(ちり、雨水等)

測定を1か月毎から毎日としました。

2.測定結果の公表方法

(1)大気浮遊じん及び降下物

大気浮遊じん及び降下物の測定結果は下記ページに掲載。

北朝鮮の核実験に伴う千葉県における放射線測定

(2)空間放射線量

空間放射線量のリアルタイムの測定結果は、下記ページに掲載

モニタリングポストによる空間放射線量の測定について

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気監視班

電話番号:043-223-3857

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?