ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年5月16日

法令による地下水採取規制

法律・条例による地下水採取規制

法律・条例による千葉県環境条例指定区域図(クリックで拡大画像表示)(GIF:65KB)
※指定区域図は、千葉県総合企画部水政課作成パンフレット「水のはなし」より転用

地下水の採取を規制する法律には「工業用水法」、「建築物用地下水の採取の規制に関する法律」があります。
また、県条例では「千葉県環境保全条例」があります。ただし、千葉市域については「千葉市環境保全条例」が適用されます。

これらは、それぞれ規制する指定地域を定めて、工業用、建築物用、水道用、農業用などの地下水の採取を許可制としています。対象となる井戸の概要は下表のとおりです。

詳細については、井戸を設置しようとしている市町村役場、あるいは県庁水質保全課までお問い合わせください。

また、下表以外でも各市町村条例で届出が必要な井戸がありますので、詳しくは各市町村へお問い合わせください。

法令名

指定地域

規制対象の用途

規制対象の
規模

工業用水法

千葉市(国道14号線及び16号線以西)、市川市、船橋市、松戸市、習志野市、市原市(国道16号線以西)、浦安市、袖ケ浦市(国道16号線以西)

工業用
(工業とは製造業(物品の加工修理業を含む)、電気供給業及びガス供給業及び熱供給業をいう)

吐出口の断面積が6平方センチメートルを超えるもの

建築物用地下水の採取の規制に関する法律

千葉市(上水道給水区域)、市川市、船橋市、松戸市、習志野市、市原市(上水道給水区域)、鎌ケ谷市、浦安市

建築物用
(冷房設備、暖房設備、水洗便所、自動車車庫に設けられた洗車設備、公衆浴場(浴室床面積の合計が150平方メートルを越えるもの)

千葉県環境保全条例

市川市、船橋市、木更津市、松戸市、野田市、成田市(旧大栄町を除く。)、佐倉市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、山武市(旧山武町に限る。)、酒々井町、栄町、芝山町、長柄町

工業用、鉱業用、建築物用、農業用、水道用、工業用水道事業用、ゴルフ場における散水用

千葉県環境保全条例による地下水採取規制

規制される地域

千葉県環境条例指定区域図(クリックで拡大画像を表示)(GIF:51KB)

規制の対象となる用途

  1. 工業
  2. 鉱業
  3. 建築物用地下水(冷暖房、水洗便所、自動車車庫に設けられた洗車設備、公衆浴場)
  4. 農業
  5. 水道事業、簡易水道事業、専用水道、小規模水道
  6. 工業用水道事業
  7. 10ヘクタール以上のゴルフ場における散水

許可及び許可の基準

  1. 指定地域内で、規制の対象となる用途に使用する地下水を、吐出口の断面積(吐出口が2以上あるときは、その断面積の合計)が6平方センチメートル(口径27.6mm)を超える揚水機(ポンプ)を用いて新たに汲み上げようとする場合には、知事の許可を受けなければなりません。
  2. 知事は、規則で定める技術上の基準に適合している場合でなければ許可できません。
  3. 知事は、他の水源を確保することができない場合に限り、技術上の基準に適合しない場合でも、条件を付して次の用途について許可できることになっています。
    • A.工業及び鉱業の用途のうち、もっぱら防火その他保安に係るもの
    • B.建築物用地下水のうち、水洗便所に係るもの
    • C.農業の用途
    • D.水道事業、簡易水道事業、専用水道、小規模水道
    • E.既設井戸の掘り替えの場合で廃止した井戸に係る用途と同一の用途のもの
    • F.国、県又は市町村が地震その他の災害発生時の非常用揚水施設と位置付けているもの
    • G.国、県又は市町村が行う事業のため掘り替えの場合で廃止した井戸に係る用途と同一の用途のもの
  4. 知事は、不正な手段により許可を受けたり、許可の条件の違反した場合は、許可を取り消すことや違反の是正のための必要な措置を命ずることができます。

経過措置

地域指定された際、すでに井戸を使用していたものは知事に届出なければなりません。

変更、承継及び廃止の届出

  1. 氏名及び住所に変更があったときは届出が必要です。(※使用する地下水の用途を変更する場合や揚水機を取り替える場合は新たな許可が必要となります)
  2. 地下水採取者の地位を承継したときは届出が必要です。
  3. 許可井戸を廃止したときは届出が必要です。

地下水採取量の測定、記録及び報告

揚水機の吐出口の断面積(2以上の許可井戸を設置している場合は、その合計)が19平方センチメートル(口径49.3mm)以上の井戸を設置しているものは、水量測定器により、採取量を測定、記録し、知事に報告しなければなりません。

掘削工事に関する措置

トンネル工事等地下水のゆう出を伴う掘削工事を行うときは、周辺の地盤及び地下水位に影響がないように必要な措置を講ずるように努めなければなりません。

技術上の基準

地域

井戸のストレーナーの
位置

揚水機の吐出口の
断面積

市川市、浦安市、松戸市、船橋市、鎌ケ谷市、習志野市、市原市、袖ケ浦市、長柄町

地表面下650m以深

21平方センチメートル以下

木更津市、君津市、富津市、四街道市

地表面下350m以深

21平方センチメートル以下

流山市、野田市、八千代市、柏市、我孫子市、佐倉市、成田市(旧大栄町を除く)、八街市、印西市、白井市、栄町、酒々井町、富里市、山武市(旧山武町に限る)、芝山町

地表面下250m以深

21平方センチメートル以下

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課地盤沈下対策班

電話番号:043-223-3822

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?