ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月12日

水質情報

工業用水の水質基準

水質基準は「千葉県工業用水道条例」において、下記3項目の水質基準が定められています。

<第22条工業用水の水質は次に掲げる基準によるものとする。(北総地区工業用水道に係る工業用水を除く)>

  • 水温------常温
  • 濁度------15度以下
  • pH--------6.0以上8.5以下

配水水質の測定結果__(汚泥,薬品等のデータ)

最大22項目の水質試験を定期的に実施しています。

各浄水場の測定結果については、下記のエクセルデータをご参照ください。

なお、水質測定に使用している検体は、浄水場内にて採取しています。このため、配送管路の末端等において水質測定した場合、水温などの測定結果が異なる場合があります。

(平成25年度以降のデータには、浄水汚泥や浄水薬品に関する情報等も含まれております。)

平成29年度_水質など_分析結果詳細(エクセル:733KB)

平成28年度_水質など_分析結果詳細(エクセル:895KB)

平成27年度_水質など_分析結果詳細(エクセル:1,646KB)

平成26年度_水質など_分析結果詳細(エクセル:1,539KB)

平成25年度_水質など_分析結果詳細(エクセル:1,388KB)

平成24年度_配水水質(エクセル:134KB)

平成23年度_配水水質(エクセル:119KB)

平成22年度_配水水質(エクセル:112KB)

平成21年度_配水水質(エクセル:110KB)

平成20年度_配水水質(エクセル:104KB)

浄水場の位置情報(JPG:498KB)

千葉県の川とダム

浄水場での水処理、工業用水の用途

工業用水浄水場では、水源となる河川やダム等から取水した原水に、凝集剤を加え「にごり」を沈殿させることにより、濁度を低減させ水質基準を満たしています。また、必要に応じpH調整剤を加えることもあります。
なお、ろ過処理や滅菌処理を実施していないという点で、上水道の浄水場とは大きく異なります。

工業用水の用途は冷却用、洗浄用、温調用、ボイラー用、原料用など、多岐にわたります。
ただし前述のように、浄水場ではろ過処理や滅菌処理を実施していないので、飲料用等として利用するためには、各受水企業自身で水処理をする必要があります。

関連する情報

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:水道局 工業用水部施設設備課水質管理室

電話番号:043-307-2410

ファックス番号:043-296-6484

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?