ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月1日

工業用水道事業関係

工業用水道事業について

「工業用水道事業法(昭和33年、法律第84号)」でいう「工業」とは、製造業、電気供給業、ガス供給業及び熱供給業を指し、これらの工業の用に供する水(水力発電用、飲用を除く)のことを「工業用水」といい、「産業の血液」としての重要な役割を担っています。

「工業用水道」は、導管により工業用水を供給する施設をいい、企業の需要に応じ工業用水道により工業用水を供給する事業を「工業用水道事業」といいます。

これらの水源として河川等の表流水を利用することによって、地下水の過剰汲み上げによる地盤沈下を防止する役割も担っています。

千葉県の工業用水道事業は・・・

県は現在7地区で工業用水道事業を経営しており、給水区域は13市2町、給水能力は1日当たり115万立方メートルを有しています。

所在地

千葉県の工業用水道事業は、平成28年4月1日より、企業庁から水道局へ移管されました。

※所在地は、水道局幕張庁舎のご案内ページへ

工業用水道事業概要

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:水道局 工業用水部事業管理課経営改善室

電話番号:043-307‐1686

ファックス番号:043-296-6479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?