ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年11月29日

水道局(上水道)の災害対策

水道局(上水道)では、災害に強い施設づくりをはじめとして、防災体制の整備を進めています。

震災対策

地震による施設の被害やそれによるお客様への影響を最小限にとどめるため、水道局水道事業震災対策基本計画(PDF:752KB)を策定し種々の対策を実施しています。

施設の耐震化では、配水管の布設替えや浄・給水場等の主要施設の耐震強化を図っています。

また、応急復旧・応急給水を迅速に行うため、地震規模や被害状況に応じ、局内に震災対策本部等を設置し応急対策にあたるとともに、県内外の水道事業体と災害相互応援協定を締結し、広域的応援体制の強化を図っています。

応急給水拠点場所一覧はこちら

管の布設替え写真管の布設替え

事故等の対応

浄・給水場等の施設や水道管、水質の事故等においては「千葉県水道局事故等対策基本計画」に基づき、職員の配備体制や連絡体制及びバックアップ体制を定めています。

防災訓練の実施

毎年、九都県市合同防災訓練のように、県や市町村等と協力して行う訓練のほか、水道局(上水道)独自でも局全体で実施する総合訓練と各所属で実施する個別訓練を行っています。

飲料水の備蓄について

「一人一日3リットル」の飲み水が、生きていくために必要と言われています。

災害の直後は混乱が予想されますので、各家庭で最低3日分はペットボトルなどで飲料水を備蓄することをお勧めします。
ポリタンクなどに水道水を備蓄する場合には、塩素による殺菌効果が3日程度のため、3日に一度は汲み替えて、直射日光を避けて保存してください。

また、消火やトイレ用には、風呂の残り湯が役に立ちます。(阪神・淡路では困ったと聞いています。)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部計画課計画・危機管理室 危機管理班 

電話番号:043-211-8636

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?