ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 水道・下水道 > 千葉県営水道 > 「おいしい水づくり計画」オフィシャルサイト|企業局 > 水のなるほど豆知識トップページ > その10「水道水」は世界中どこへ行っても同じなの?

更新日:令和2(2020)年3月2日

ページ番号:333709

その10「水道水」は世界中どこへ行っても同じなの?

(1)水道水を飲むことが出来る国はどのくらい?

日本では、どこに行っても蛇口から出る水道水は、直接飲めることが当たり前となっています。
では、世界中の水道水も同じように蛇口から出してそのまま飲めるのでしょうか?
答えは、「いいえ」です。
世界では、消毒が不十分で安全な水道水が確保できない国や地域が多数あり、水道水がそのまま飲める国は、ごく限られています。水道水を飲む女の子のイラスト、ポタリ吹き出し、水道水は世界中どこでも直接飲めるわけではじゃないんだ

(2)飲むことが出来る水道水、飲むことが出来ない水道水

少し前ですが2004年には、世界全人口のおよそ50%が家庭で水道水を利用し、その他のおよそ20%が家庭以外の水道水を利用したとされています。
また、世界では、約9億人が、安全な飲料水を継続して利用できていません。
蛇口から出てくる水道水を直接飲むこと出来るというのは、日本が世界に誇れる文化のひとつともいえます。
この文化を引き継いでいくためには、水環境を保つことも必要です。
日本の水道水は、全国的に軟水ですが、諸外国では硬水が多く、また、地域差も大きいようです。(軟水と硬水については、水の豆知識「その2」で詳しく述べています。)
また、日本国内では、トイレや公園の噴水などで中水(上水として生活用水に使った水を下水道に流すまでにもう一度再利用するもの)が使われる場合がありますが、基本的に人の口に入る恐れのある場所では、消毒された水道水を使用しています。

奈良俣ダムの航空写真、ポタリ吹き出し、水源の保護も水環境の保全のためには重要なことなんだね

(3)水道水のおいしさは、どのようにして決まるの?

本来、水は、無色・透明・無味・無臭で、実際に純水(水道水から塩類・残留塩素等不純物をほとんどすべて取り除いたもの)を飲んでみるとあまりおいしくはありません。
では、水のおいしさとはどのようにして決まっているのでしょうか。
下の表のように、水の味は、含まれる成分の濃度によって決まるとされています(おいしい水の要件)が、最も影響があるのは、飲む人の味覚やのどの渇き具合などです。
(もっとおいしく飲む方法については、水の豆知識「その1」をご覧ください。)
残留塩素については、「おいしい水づくり計画」で平成27年度末までに、ほとんどのお客様が塩素のにおいを感じない0.4mg/L以下を目指しています。

旧厚生省おいしい水研究会でのおいしい水に関わる水質項目と要件、千葉県水道局の水道水での値の表

旧厚生省「おいしい水研究会」(昭和60年4月)より

お問い合わせ

所属課室:水道部計画課おいしい水づくり推進班

電話番号:043-211-8632

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?