ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化遺産 > 水道局(上水道)関係の文化遺産 > 「千葉高架水槽」が土木学会選奨土木遺産に認定されました。

更新日:平成27(2015)年3月12日

「千葉高架水槽」が土木学会選奨土木遺産に認定されました。

千葉県営水道創設期の昭和12年に建設された「千葉高架水槽」が、(社)土木学会の選奨土木遺産に千葉県内で初めて認定され、 認定書と銘板が授与されました。

選奨土木遺産の制度は、幕末から昭和20年にかけて建造された、現存土木構造物の文化的価値を評価し、 広く社会へのアピール等を目的に平成12年度に創設されたもので、平成15年度は本高架水槽を含めて、全国で17件が認定されました。

認定書と銘板

認定書

認定書

銘板

銘板

認定の理由

  • 多角形(正12角形)の配水塔は全国でも稀であり,屋根は円錐形,踊り場がコーニス風(※)に突出したデザインである。
  • ※5階バルコニー張出部分の下部の装飾のこと。(古代ギリシャ建築における柱の上端部や下端部の装飾のことをコーニスといいます。)

施設の概要

千葉高架水槽

本施設は、昭和10年11月から12年2月にかけて、当時の「千葉県水道事務所千葉水源工場」の施設の一部として建設されました。完成後70年が経過した現在でも、現役の水道施設として活躍しています。

  • 所在地:  千葉市中央区矢作町670
    (誉田給水場千葉分場内)
  • 竣   工:  昭和12年2月
  • 高   さ:  30m(5階建)
  • 内   径:  11m(貯水容量475立方メートル)

本施設についての問い合わせ先(見学を含む)

  • 千葉県水道局誉田給水場043-291-0018

土木学会選奨土木遺産のURL

本施設が紹介されている主な文献

  • 千葉県営水道史(千葉県水道局昭和57年1月刊行)
  • 千葉県の産業・交通遺跡(千葉県立現代産業科学館平成11年2月刊行)

当時の施工風景

↑こちらをクリックしてご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部浄水課浄水管理班  

電話番号:043-211-8683

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?