サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月29日

7.伊藤左千夫のみち

関東ふれあいの道(千葉県)7

コース概要

伊藤左千夫の生家

伊藤左千夫の生家

JR成東駅から九十九里平野の広々とした田園地帯を2km歩くと歌人伊藤左千夫の生家があり、わら葺屋根の母屋や、土蔵、茶室が残されています。隣には左千夫の遺品や書籍などを展示した歴史資料館があります。ここから1km歩くと天然記念物の食虫植物群落地があり、モウセンゴケやイシモチソウなどの食虫植物が自生しており興味をひきます。再び田畑を左右に眺めながら杉林の目立つ両総台地に登り東金市へと入ります。

距離・所要時間

コース概略図

案内板路傍休憩地トイレ駐車場

見どころ

山武市歴史民俗資料館(旧成東町歴史民俗資料館)

成東町歴史民俗資料館

JR成東駅の南東約1kmの県道脇にある。農耕・養蚕・機織り・漁撈用具類や生活用具など江戸期から明治・現代にいたる民俗資料と古文書・土器・埴輪などの考古資料、伊藤左千夫の文具・茶道具などの遺品・書簡・書籍を展示している。

成東・東金食虫植物群落地

成東食虫植物群落地1JR成東駅の南東約1.7km、東金市との境界にあります。水田に囲まれた約1万5000平方メートルほどの湿原で、ここに食虫植物のモウセンゴケ・イシモチソウ・シロバナナガバノイシモチソウ・ミミカキグサ・ホザキノミミカキグサ・ムラサキミミカキグサなどが自生しています。

成東食虫植物群落地2

おもにカ・ハエ・イトトンボなどを食飼としています。また初夏にはノハナショウブが湿原に彩を添えます。 

チェックポイント

解説標識

位置:山武市
地点名:成東・東金食虫植物群落
撮影対象:解説標識

コースマップ

 

前のページ コース一覧へ 次のページ

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課自然公園班

電話番号:043-223-2971

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?