サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年2月21日

新型コロナウイルス感染症について

【新型コロナウイルス感染症とは】

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
  • 感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

【新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安】

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える
  • 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく

2.帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

1)以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

2)以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

<妊婦の方へ>

妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

<お子様をお持ちの方へ>

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については目安どおりの対応をお願いします。

3)その他

現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様にかかりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

1)帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

2)医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。


【千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口】

1.電話相談窓口(コールセンター)

 (電話番号)
043-223-2640

(対応時間)
午前9時から午後5時まで
(土曜、日曜、祝日を含む)

(対応内容)
新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応など

2.帰国者・接触者相談センター

発熱や呼吸器症状がある方が、医療機関を受診すべきかどうかの対応等について相談していただくための相談窓口です。

相談いただく目安は、上記の「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」をご参照ください。


【新型コロナウイルス感染症についてのQ&Aを作成しました】

関連リンク


【新型コロナウイルス感染症に関する千葉県報道発表案件】

県民の皆様へ

  • 県民の皆様におかれましては、過剰に⼼配することなく、マスクの着⽤や⼿洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

日常生活で気を付けること

  • まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

検疫所の対応

  • 検疫所においては、中国湖北省または浙江省からの帰国者及び⼊国者に対する⾃⼰申告の呼びかけています。咳や発熱等の症状がある場咳止め剤や解熱剤を服薬している場合は検疫官にお申し出ください。

検疫対応
【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症の発生について/厚生労働省検疫所
(PDF:459KB)


また、⾵邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや⼿洗い等、通常の感染対策を⾏うことが重要です

※インフルエンザ対策で、啓発ポスターを公表していますので、適宜、御活用ください。
インフルエンザから身を守ろう」(千葉県健康福祉部疾病対策課ホームページ)

マスクについて消費者の皆様の冷静な対応をお願いします(千葉県環境生活部くらし安全推進課ホームページ)

参考:コロナウイルスとは

  • ⼈や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。⼈に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の⾵邪などの重度でない症状にとどまります。
  • 詳細は、国⽴感染症研究所の情報ページ(ヒトに感染するコロナウイルス外部サイトへのリンク)をご参照ください。

海外渡航を予定されている方へ

渡航前の注意事項

  • 渡航前に必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。
  • 併せて、麻しんなど予防接種が有効な疾患について、予防接種歴や罹患歴を確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。
    必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。

海外渡航先に関する情報

※予防接種を受ける際は、受診前に接種を希望する旨を該当医療機関にお伝えください。

海外渡航後の注意事項

渡航後に発熱、発疹、下痢など感染症が疑われる症状を呈した場合は、必ず事前に医療機関に電話連絡でその旨を伝え、医療機関の指示に従い受診しましょう。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?