ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年5月13日

造林・保育事業

植栽

主伐後の枝葉を片づける地拵えのあと、植栽します。県営林1ヘクタールあたりの植栽本数は、単層林の場合3,000~3,600本、複層林の場合1,200~2,400本を基本としています。県内で生産された苗木を使用しています。

下刈り

植栽木の雑草木による被圧を防ぎ、生長を助けるため、夏に1~2回植栽木の周りを刈り払います。

枝打ち

節が少なく節目が詰まった良質材の生産のため行います。また、早期枯れ枝の除去による病害虫の予防、林内照度の確保、などの効果も期待できます。

除間伐

密度管理によって生長をコントロールし、完満な材の生産を目標に行います。林内照度の確保による下草の発生を促し土壌の流亡を防ぐなど、水源涵養、土砂流出の防止など公益的機能の向上につながります。

造林・保育事業

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課県有林班

電話番号:043-223-2947

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?