ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 森林・林業 > 森林整備・保全 > カシノナガキクイムシについて

更新日:令和2(2020)年10月7日

ページ番号:344113

カシノナガキクイムシについて

カシノナガキクイムシによる被害

カシノナガキクイムシという昆虫が媒介する「ナラ菌」によってナラ類、シイ・カシ類等のブナ科に起こる樹木の伝染病に、ナラ枯れがあります。

本県のナラ枯れ被害は、平成29年9月に鴨川市のマテバシイ林で初めて確認され、以降、主に県南部地域で発生していましたが、徐々に県北部地域でも被害が報告されています。

 

主な防除方法は、予防(未然防止)として樹幹注入、駆除(拡大防止)として伐倒くん蒸、搬出・焼却または破砕する方法などがあります。

 

防除を行う際は、被害拡大防止のため、以下の点にご留意ください。

(1)翌年の羽化時期(5月頃)までにくん蒸、焼却等の処理を行うこと。

(2)伐倒は、10月以降に実施すること。

(3)伐倒は、地際に多く虫が穿入しているため、極力低い位置(10センチ以下を推奨)とすること。

(4)被害木は、未発生地への移動は避け、移動した場合は羽化時期前に焼却・破砕等の処理を行うこと。

カシノナガキクイムシ

左:オス、右:メス

(県森林研究所撮影、1目盛0.5mm)

カシノナガキクイムシ

マテバシイ林の枯損

マテバシイの枯損

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課森林整備班

電話番号:043-223-3630

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?