ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月9日

土地利用の基本的な考え方

(国土利用計画・土地利用基本計画)

県では、国土利用計画法(昭和49年法律第92号)に基づき、国の全国計画を基本として、総合的・計画的な県土利用に向けた「千葉県国土利用計画」を策定し、また、県土の適正・合理的な土地利用を図るため、国土利用計画(全国計画・千葉県計画)を基本として、「千葉県土地利用基本計画」を策定しています。

千葉県国土利用計画・千葉県土地利用基本計画の策定・変更年月
次数 千葉県国土利用計画策定・変更年月 次数 千葉県土地利用基本計画策定・変更年月
策定(当初) 昭和50年6月
第1次 昭和53年3月 変更(1回目) 昭和56年9月
第2次 昭和62年3月 変更(2回目) 昭和63年4月
第3次

平成8年7月(PDF:116KB)

変更(3回目) 平成9年12月(PDF:175KB)
第4次

平成20年7月(PDF:509KB)

変更(4回目)

平成22年3月(PDF:73KB)

第4次変更 平成26年11月(PDF:900KB) 変更(5回目)

平成27年5月(PDF:794KB)

平成29年6月一部変更(PDF:424KB)

 千葉県国土利用計画

「第4次千葉県国土利用計画(修正案)」に関する意見募集の結果を公表しました。

「第4次千葉県国土利用計画(修正案)」に関する意見募集について

1.県が平成26年11月に変更した「千葉県国土利用計画(第4次)」の概要は次のとおりです。

「千葉県国土利用計画(第4次)」の概要

1.計画の基本目標

【目標年次】

平成29年

  1. 県民一人ひとりが豊かさを実感し、愛着を持って暮らすことのできる県土利用
  2. 地域が個性や特色を生かしながら、発展を続けていくことのできる県土利用

2.計画の特色

  1. 県土の約6割を占め、地球温暖化の防止、生物多様性の保全、良好な景観づくりなどに大きな役割を果たす森林・里山・農地を保全し、有効利用を進めるとともに、都市の緑の保全・創出に重点を置いた。
  2. 自然、産業、歴史・文化などの特徴を踏まえて、県内を5つのゾーンに区分し、それぞれの目指すべき方向を定め、その実現を目指す。
  3. 計画の実効性を確保するため「県土利用のモニタリング制度」、「計画評価制度」を実施する。
  4. 平成25年に策定された総合計画において示された県政の方向性を踏まえ、計画全体の記載内容を変更した。

3.計画の内容

1.計画の基本方針

ア.多様な主体との連携・協働による県土利用

県民や市民活動団体・事業者等の多様な主体と行政とが連携・協働して地域づくりを進めるための環境を整える。

イ.土地需要の量的調整

  • 都市的土地利用については、計画的に良好な市街地の形成を図る。
  • 自然的土地利用については、地球温暖化の防止や生物多様性の確保等に配慮しつつ、農地・森林等の適正な保全を図る。

ウ.県土の質的向上・有効利用

環境と経済の調和・両立に配慮しながら、健全な循環の維持と地球温暖化の防止、安全で安心できる暮らしの確保など、県土の質的向上・有効利用を目指し、実現する。

  1. 健全な循環が維持され、地球温暖化を防止する社会の構築
  2. 安全で安心できる暮らしの確保
  3. 良好な景観の保全・形成
  4. 人と自然との共生
  5. 地域の多様性・魅力を生かした活力の創出
  6. 世界に開かれた県土利用

エ.県土利用の総合的なマネジメント

県土利用の状況に関し、県民にとってわかりやすい各種指標を定期的・継続的に調査・把握する県土利用のモニタリング制度を活用しながら施策の進捗状況の検証を行い、県土利用の総合的なマネジメントを推進する。

2.地域別に目指す方向性

県内を東葛・湾岸ゾーン、空港ゾーン、香取・東総ゾーン、圏央道ゾーン及び南房総ゾーンの5ゾーンに分け、各地域が目指す姿や方向性を示した。

4.計画変更の経緯

  • 市町村へ文書による意見照会(平成26年8月)
  • パブリックコメント
    変更案について(平成26年8月)
  • 千葉県国土利用計画地方審議会での審議
    2回(平成26年3月、9月)

2.「千葉県国土利用計画(第4次)」では、平成29年を目標年次として、農用地や森林など利用区分ごとの規模の目標を定めています。

【県土の利用目的に応じた区分ごとの規模の目標】

区分

平成16年

(ha)

平成29年

(ha)

構成比
[H16]

(%)

構成比
[H29]

(%)

増減量
[H29-H16]

(ha)

農用地

135,100

128,100

26.2

24.8

△7,000

 農地

134,500

128,000

26.1

24.8

△6,500

 採草放牧地

600

100

0.1

0.0

△500

森林

162,500

159,700

31.5

31.0

△2,800

原野

1,400

600

0.3

0.1

△800

水面・河川・水路

17,800

18,000

3.4

3.5

200

道路

33,800

36,800

6.6

7.2

3,000

宅地

78,500

87,300

15.2

16.9

8,800

 住宅地

49,100

54,300

9.5

10.5

5,200

 工業用地

7,200

6,900

1.4

1.3

△300

 その他の宅地

22,200

26,100

4.3

5.1

3,900

その他

86,600

85,200

16.8

16.5

△1,400

合計

515,700

515,700

100.0

100.0

0

市街地

(人口集中地区)

62,200

(H17年)

64,000

-

-

1,800

3.「千葉県国土利用計画(第4次)」のダウンロード

(1)計画書(全体)(PDF:509KB)

(2)計画の構成(PDF:20KB)

(3)リーフレット

    分割版

4.「千葉県国土利用計画(第4次)変更版」のダウンロード

変更計画書(全体)(PDF:900KB)

 5.県土利用のモニタリング制度・調査報告書(平成29年3月)

【参考1】第3次計画

千葉県国土利用計画(第3次、平成8年)」のダウンロードはこちら(PDF:116KB)

【参考2】国土利用計画(全国計画)

平成27年8月14日、国では「国土利用計画(全国計画)-第5次-」を閣議決定しました。

 千葉県土地利用基本計画

「千葉県土地利用基本計画書(変更案)」に関する意見募集の結果を公表しました。

「千葉県土地利用基本計画書(変更案)」に関する意見募集を行います。

  1. 土地利用基本計画は、土地利用に関する諸計画(都市計画法、農業振興地域の整備に関する法律(農振法)、森林法、自然公園法、自然環境保全法などの個別規制法に基づく諸計画)の調整機能を果たすとともに、これらの個別規制法を通じて、開発行為などの規制を行う基本としての役割を果たすものです。
  2. 土地利用基本計画では、5つの地域(都市地域農業地域森林地域自然公園地域自然保全地域)を定めています。それらの定義は次のとおりです。
【5地域区分の定義】

都市地域

一体の都市として総合的に開発し、整備し及び保全する必要がある地域

【都市計画法第5条の都市計画区域に相当】

農業地域

農用地として利用すべき土地があり、総合的に農業の振興を図る必要がある地域

【農振法第6条の農業振興地域に相当】

森林地域

森林として利用すべき土地であり、林業の振興又は森林の有する諸機能の維持増進を図る必要がある地域

【森林法の国有林県有林保安林地域森林計画対象民有林に相当】

自然公園地域

優れた自然の風景地で、その保護及び利用増進を図る必要がある地域

【自然公園法などの国立公園国定公園都道府県立自然公園に相当】

自然保全地域

良好な自然環境を形成している地域で、その自然環境の保全を特に図る必要がある地域

【自然環境保全法の原生自然環境保全地域自然環境保全地域、県条例の自然環境保全地域に相当】

 3.平成26年11月の「千葉県国土利用計画(第4次)」の変更に伴い、平成27年5月に「千葉県土地利用基本計画書」の変更を行いました。

【変更の概要】

ゾーン区分の変更                                    

◎県内を東葛・湾岸ゾーン、空港ゾーン、香取・東総ゾーン、圏央道ゾーン、南房総ゾーンの5ゾーンに区分                                       

「千葉県土地利用基本計画」の変更計画書(平成27年、平成29年一部変更)のダウンロードはこちら(PDF:424KB)                                  「千葉県土地利用基本計画」の計画書(平成22年)のダウンロードはこちら(PDF:73KB)

4.平成29年5月に「千葉県土地利用基本計画図」の変更を行いました。

  1. 公表年月日:平成29年5月30日
  2. 変更内容:計画図の変更(習志野市における農業地域の変更)

変更概要資料のダウンロードはこちら(PDF:943KB)

※計画図の変更に伴い、計画書に参考として掲載している農業地域の面積等の変更を行っています。

5.なお、「千葉県土地利用基本計画」の計画図(平成21年)【縮尺5万分の1】について、覧・貸出しを行っています。

6.また、「千葉県土地利用基本計画」の計画図については、必要に応じて随時変更しており、その概要資料についても閲覧・貸出しを行っています。

閲覧・貸出しを希望する方は、事前にご連絡の上(TEL:043-223-2393)、県庁本庁舎9階の政策企画課までお越しください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域政策班

電話番号:043-223-2393

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?