サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 新エネルギー産業の振興 > 次世代エネルギーパーク計画の認定について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年2月26日

次世代エネルギーパーク計画の認定について

発表日:平成23年2月28日

千葉県商工労働部産業振興課

県では、本県の地域特性であるエネルギー関連産業・設備の集積を活用し、「千葉県次世代エネルギーパーク」としてエネルギー見学・体験施設を一元的に紹介し、次世代のエネルギー等について、普及啓発を行うこととしています。
このたび、経済産業省による「次世代エネルギーパーク計画」の公募に対し、本県から応募提案を行ったところ、別紙のとおり認定されましたので、お知らせします。
今後は、関係企業等の協力を得て、情報発信・見学受入等の体制整備を図ってまいります。

1.「次世代エネルギーパーク」とは

次世代のエネルギーに関する国民理解の増進を図ることを目的とした「見学・体験型」の普及啓発施設です。経済産業省は、全都道府県での認定を目指しており、平成21年度までに計25件の計画を認定しています。

本県は、昨年7月に経済産業省あて計画認定申請を行ったところ、平成23年2月28日に認定されました。

2.本県の計画概要

本県の計画概要は以下のとおりです。

(1)県内の新エネルギー等関連施設の活用

本県は、東京湾臨海部にエネルギー関連産業が集積しているほか、風力発電施設、バイオマス利用施設など、様々な新エネルギー等関連施設が立地しています。こうした施設を活用して、一般の方々が見学・体験できる場を提供し、新エネルギーや既存エネルギーの効率的利用による省エネルギーの取組などを紹介することで、エネルギーに関する理解を促進してまいります。

現時点では、県内28事業所等の新エネルギー等関連施設を一元的に紹介する予定です。

【主な施設】

  • 石井食品(株)八千代工場(太陽光発電)
  • 東京ガス(株)袖ケ浦工場(風力発電)
  • (株)和郷 山田バイオマスプラント(バイオマス)

(2)関連施策との連携

学校教育、環境学習、観光などの関連分野と連携し、効果的な普及啓発を行います。

(3)中核施設における一元的な情報発信

中核施設において、本県の次世代エネルギーパークに関する情報を一元的に発信します。(中核施設:東京電力(株)TEPCO新エネルギーパーク)

<参考>

1.今回(平成22年度)の計画認定自治体(8自治体)

千葉県、北海道稚内市、新潟県、神奈川県川崎市、山梨県北杜市、大阪府、山口県周南市、愛媛県松山市

2.平成21年度までに計画認定を受けた自治体(25自治体)

北海道札幌市、青森県六ヶ所村、宮城県、茨城県、群馬県太田市、山梨県山梨市、愛知県、岐阜県、三重県、和歌山県御坊市、滋賀県東近江市、兵庫県洲本市、岡山県真庭市、島根県出雲市、広島県北広島町、徳島県阿南市、香川県土庄町、福岡県北九州市、佐賀県玄海町、長崎県、福岡県大牟田市、大分県、熊本県、沖縄県糸満市、沖縄県宮古島市

3.計画への応募資格

地方自治体等(都道府県、市町村、第3セクター等)

4.計画認定の主な要件

  • 複数種類の新エネルギー施設が含まれていること
  • 地方自治体が主体的に取り組んでいること
  • 地域の特色を生かした創意工夫が見られること
  • 中心的な施設があり、全体が構成されていること

<関連資料>

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業・新エネルギー企画室

電話番号:043-223-2719

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?