ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月1日

平成28年度新規導入・更新機器設備

平成28年度に以下の機器設備を新規に導入・更新いたしました。

 1.ICP発光分光分析装置

高周波誘導プラズマ(ICP)中に液体試料を導入して試料中の元素を発光させ、その発光強度を測定する装置です。微量から高濃度まで対応しており、同時に多くの元素を測定することができます。
材料の主成分や微量成分の分析、排水中の有害金属の検出等幅広い分野で使われます。

IPC発光分光分析装置

詳細資料

※この機器設備は公益財団法人JKAの競輪・オートレース売上金による機械工業振興補助事業により整備しました。

競輪&オートレースの補助事業外部サイトへのリンクオートレースのホームページ外部サイトへのリンク

 2.小型環境試験機

本装置は、コンパクトな恒温恒湿槽により様々な温湿度環境を創りだし、試料へ均一なストレスを与え、定値運転及び温湿度サイクル試験等が可能です。試験中に通電も行えるため、電子部品等小型・少量の試料に最適な装置です。
小型環境試験機

詳細資料


※この機器設備は公益財団法人JKAの競輪・オートレース売上金による機械工業振興補助事業により整備しました。

競輪&オートレースの補助事業外部サイトへのリンクオートレースのホームページ外部サイトへのリンク

 3.ヘッドスペースガスクロマトグラフ

試料から揮発成分をヘッドスペースオートサンプラーにより連続的に抽出し、ガスクロマトグラフへ導入し分析する装置です。用途としては、主に食品中の香り成分の分析に用いられ、製品の品質管理に役立ちます。
ヘッドスペースガスクロマトグラフ

詳細資料

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所技術支援室

電話番号:043-231-4365

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?