ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年4月9日

精神障害者等職場内サポーター養成研修

働く障害者が年々増加している中、平成29年度中に県内のハローワークを通じて就職した障害者3,351人の約半数は、精神障害者(発達障害者を含む)です。
障害の内容や有無にかかわらず、人が安定してその能力を発揮し長く働き続けるためには、一緒に仕事をしている同僚や上司・部下など、周囲との良好なコミュニケーションが保たれていることが重要な要素となりますが、精神障害者とのコミュニケーションにおいては、相手の障害を理解し、得意不得意を踏まえての配慮が不可欠となります。
千葉県では、精神障害者がその能力を十分に発揮し職場に定着できるよう、障害者と共に働く人を対象に、精神障害についての理解を深める研修を開催しています。

研修の概要

対象者

精神障害者を現に雇用している企業の職員(人事担当者、現場の指導者及び実際に障害者と共に働いている職員)

研修内容

講義(精神障害の理解・傾聴技法)、見学、当事者からの発信、グループワーク(事例検討・意見交換)等
全2日間

※プログラムの例

1日目

  • 障害者雇用のこれまでと今後(45分)
  • 障害者権利条約と障害者差別解消法、合理的配慮の提供義務について(45分)
  • 支援機関との連携について(60分)

2日目

  • 障害特性について~精神障害者の理解(120分)
  • 働く当事者からのメッセージ(60分)
  • グループワーク~精神障害者と働く~(120分)

参加費用

参加費無料
(会場への交通費・昼食代等は各自負担)

実施状況(平成31年度)

第1回:令和元年5月31日(金曜日)・6月1日(土曜日)【千葉会場】参加者募集中です!(PDF:643KB)

参加申し込み・問い合わせ先

千葉障害者就業支援キャリアセンター
電話:043-204-2385

精神・発達障害者しごとサポーター養成講座(千葉労働局)

精神・発達障害に関する基礎知識や、精神障害のある同僚との接し方の例などを学び、職場における応援者である「精神・発達障害者しごとサポーター」を養成します。
障害者雇用の経験のない企業も参加できます。(全120分程度)

精神・発達障害者しごとサポーター養成講座の概要(厚生労働省のページ)外部サイトへのリンク

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業人材課障害者就労支援班  

電話番号:043-223-2756

ファックス番号:043-221-3730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?