サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林関係出先機関 > 農林総合研究センター > 病害虫防除業務 > 令和元年度病害虫発生予察特殊報第2号「ネギハモグリバエの別系統の発生について」

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年9月13日

令和元年度病害虫発生予察特殊報第2号「ネギハモグリバエの別系統の発生について」

発表日:令和元年9月12日

農林総合研究センター病害虫防除課

ネギの主要害虫ネギハモグリバエの中でも、従来より大きい被害を与える別系統の虫が、これまでに茨城県等の3府県で確認されていました。本年8月末には本県印旛地域のネギ畑で、葉が白くなるなど、この系統による被害を疑う事例が認められたため、被害畑から採集した成虫の遺伝子を千葉県農林総合研究センターで判別した結果、9月11日に、ネギハモグリバエの別系統であることが確認されました。

これを受け、県では、新たな病害虫発生を知らせる「病害虫発生予察特殊報」を9月12日付けで発表し、関係機関等を通じて生産者へ注意を呼びかけます。

1.ネギハモグリバエの別系統の発生とは

(1)従来の系統と遺伝子は異なりますが、外見からの識別はできません。

ネギハモグリバエ(成虫)

ネギハモグリバエ成虫
(千葉県農林総合研究センター原図)

ネギハモグリバエ幼虫

ネギハモグリバエ幼虫
(千葉県農林総合研究センター原図)

(2)従来の系統と比較して、以下の点に特徴があります。

  • ア複数の幼虫がネギの葉の内部に潜り込んで、集中的に葉を食害します。
  • イ被害が進むと葉が白くなる(写真)ので、収穫量が著しく低下します。

ネギハモグリバエ別系統によるネギの被害

ネギハモグリバエ別系統によるネギの被害
(千葉県農林総合研究センター原図)

2.主な防除対策

両系統を形態で識別することは困難で、遺伝子判別も現実的ではないため、系統に関わらず発生初期の防除を徹底する(詳しくは、別添特殊報の6を参照)。

3.周知方法

別添の特殊報を県ホームページに掲載するとともに、市町村、県農業事務所、農業協同組合、農業共済組合等を通じて生産者に周知します。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?