ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月24日

水田利用研究室 Paddy Farming and Rice Breeding Laboratory

研究室の基本方向

  梅雨寒や夏の高温、秋の長雨や台風などの気象変動に強く、食味や品質に優れる水稲新品種を育成します。また、新品種について、より良い食味・品質の米を生産するための栽培法を確立します。また、水田をフル活用するため、主食用米品種に替わって作付が拡大している、ホールクロップ用イネ品種や飼料用米多収品種の栽培法を明らかにします。

現在の主な取組

早場米産地の千葉県にあった品種育成

  全国から様々な性質の品種を集めて、人工交配・世代促進・葯培養・DNAマーカー選抜・食味試験などの技術を駆使し、水稲の新品種を育成します。さらに、新品種の迅速な普及・定着を図るため、品種の特性を十分に発揮させる栽培技術を確立します。

 

人工交配 世代促進温室

[写真] 

左:人工交配。開花した母親の品種(例「ひとめぼれ」)に、父親の品種(例「ハナエチゼン」)の花粉を振りかけます。

右:世代促進温室。一年を通じてイネを栽培することで、新品種を速やかに育成します。

 

 

ホールクロップ用イネ品種や飼料用米多収品種を用いた低コスト・多収栽培法の確立

 生産が過剰傾向にある主食用米品種から、家畜のエサとするホールクロップ用イネ品種及び飼料用米多収品種への作付の転換は、主食用米の価格の安定及び国産飼料を活用した食料自給率向上のために進めなけらばならない重要な課題です。ホールクロップ用イネ品種や飼料用米多収品種の生産振興のため、低コスト・多収栽培法を明らかにします。

 

WCS 飼料用米

[写真]

左:ホールクロップサイレージ用イネ品種。穂が小さく、主に茎や葉を白いフィルムで梱包して発酵粗飼料(サイレージ)として牛のエサとします。

右:飼料用米多収品種。穂は大きく、籾や玄米を破砕して、鶏、豚、牛のエサとします。

 

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター水稲・畑地園芸研究所 水田利用研究室 

電話番号:0478-56-0002

ファックス番号:0478-56-3042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?