ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月23日

畑地利用研究室 Upland Farming Laboratory

研究基本方向

畑地利用研究室がある北総地域の畑地帯は、首都圏などへの農産物の供給基地として大きな役割を果たしています。

当研究室では、地域で栽培の多い畑作物や露地野菜を対象に、農作業の機械化・省力化、高品質・安定生産などの技術開発に取り組みます。また、畑作物及びいも類の原原種の増殖、維持にも取り組んでいます。主な取組課題は以下のとおりです

主な取組み課題

  • 落花生用のマルチ同時播種機及び収穫機に対応した栽培法の開発
  • べたがけ栽培による春夏ニンジンの省力生産技術と良品・安定生産技術の確立
  • 良食味で、外観の品質も優れるサツマイモ「べにはるか」の栽培法
  • カンショ、麦、大豆、ニンジンなどの露地野菜の優良品種の選定
  • 小麦、大豆、の原種生産と原原種の維持
  • いも類(ヤマトイモ、サトイモ、ジネンジョ)の原原種の維持

現在の主な取組

落花生作業の機械化・省力化に適した栽培法の開発

千葉県の特産品である落花生は、全国の8割近くを千葉県内で栽培しています。労働負担の大きい播種・収穫作業の省力化、軽労化を進め、産地を維持・発展を図るために、落花生用に民間等で開発中の播種機・収穫機を対象として、機械導入に適した栽培方法の開発に取り組んでいます。

[写真]マルチ同時播種機による落花生の播種作業

トンネル資材を使わない省力生産技術春夏ニンジンべたがけ栽培法の確立

5~7月に収穫する春夏ニンジンは、通常トンネル被覆をして栽培しますが、トンネル被覆を使わない、べたがけマルチ栽培法に取り組んでいます。有効な資材の選定、北総地域に適したべたがけ被覆方法、播種時期などを明らかにして、省力的な安定生産技術を確立します。

[写真]上、左下:べたがけ栽培と慣行のトンネル栽培(右:べたがけ栽培、左:トンネル栽培)

右下:べたがけ栽培したニンジン

作りやすくて、おいしいサツマイモ品種の選定

千葉県は、サツマイモ産出額が全国第2位(平成24年)です。当研究室では、サツマイモの育成地である(独)作物研究所(つくば市)と(独)九州沖縄農業研究センター(都城市)が育成した青果用系統の栽培試験を行っています。こられの中から、病気に強く、おいしいサツマイモを選定します。

[写真]作りやすく、おいしいサツマイモの選定

甘味が強く、安定した品質の「べにはるか」を出荷するための栽培方法

サツマイモの品種「べにはるか」は、しっとりとして、甘味が強く、最近人気の品種です。産地で生産も増加していることから、良食味で、安定した品質のイモを生産できるように、品種に適した栽培方法や収穫後の管理について取り組んでいます。

[写真]しっとりと、甘い「べにはるか」(蒸しいも)

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター水稲・畑地園芸研究所 畑地利用研究室

電話番号:0478-59-2100

ファックス番号:0478-59-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?