ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月23日

野菜研究室 Vegetable Crops Laboratory

研究室の基本方向

施設野菜及び都市農業地域の野菜生産に関する試験研究及び調査とイチゴの新品種育成を行っています。野菜などの基核苗・原原種の維持、増殖・配付を行っています。

現在の主な取組

食味がよく日持ち性の優れたイチゴ新品種の育成

輸送や保存による果実の傷みが少なく、良食味で病害抵抗性をもつ新たな千葉県オリジナル品種の育成に取り組んでいます。

[写真]有望系統の選抜

施設野菜における低濃度エタノール土壌還元消毒法の開発

施設野菜に対する環境にやさしい土壌消毒法として開発された低濃度エタノール土壌還元消毒法の実用化を目指して、トマト萎凋病やネコブセンチュウに対する効果を確認するとともに、処理の低コスト化を図っています。

[写真]ハウス栽培における低濃度エタノール処理中の様子

施設野菜における燃油削減技術の開発

温風ダクトを用いた低コスト株元加温技術と、湿度センサー付き複合環境制御装置を用いた環境制御技術を組み合わせた、燃油削減、高品質安定生産技術を確立しています。

[写真]ミニトマト栽培における株元加温の様子

養液栽培トマト及び豆類の周年・高品質・多収生産技術の開発

栽培管理が容易な6段摘心密植栽培と量管理法による培養液管理を組み合わせた養液栽培トマトにおいて、本圃利用率(収穫期間)を最大化し、35t/10a/年以上の多収穫を実現するための技術開発を行っています。

[写真]養液栽培トマトにおける6段摘心密植栽培

転炉スラグを用いた土壌pH調整がスイカの収量・品質に及ぼす影響の解明

キュウリホモプシス根腐病等の被害軽減効果があるといわれている、転炉スラグを用いた土壌pH調整が、本県のスイカ栽培でも適用できるか検証しています。

など

 

前のページへ戻る

農林総合研究センターTOPへ戻る

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター野菜研究室  

電話番号:043-291-0151

ファックス番号:043-291-5319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?