ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月23日

研究マネジメント室 Research Management Section

研究の基本方向

試験研究分野における横断的研究、広域プロジェクトの推進など、企画・連絡・調整を通じ、試験研究の円滑な推進と研究業績の向上を目指します。また、知的財産の適切な管理と戦略的活用、外部研究資金獲得に向けた外部研究機関とのコーディネート、広報・情報発信等に取組み、研究課題の設定から成果の普及・定着までの企画調整を行います。さらに、産地振興のため農業に関する経営・経済的分析を行い、分析結果や研究成果を行政に反映させるための施策提言など試験研究成果を県の行政施策に反映させる取組を行います。

現在の主な取組

試験研究の企画に関すること

県の「千葉県農林水産業振興計画」に基づき、研究課題の重点化、効率的推進を図っています。また県民ニーズに対応した研究課題を設定するとともに、課題検討会等を通じ試験研究の活性化を図っています。さらに試験研究評価制度に対応し、研究管理の企画・運営を行っています。

試験研究の連絡・調整に関すること

センター内部及び他機関との試験研究全般に関する連絡・調整を担当しています。プロジェクト研究においても研究及び行政機関との連絡・調整をしています。また独立行政法人並びに民間企業等との研究交流に関する連絡・調整を担当しています。

知的財産権検討委員会、ゼミナール委員会、研究報告編集委員会、図書委員会等、センター内の各種委員会の事務局を担当しています。品種登録、特許等の知的財産権の円滑な取得を図っています。

研究成果の広報に関すること

試験研究成果発表会等を通じ、研究成果の積極的なPRに努めています。またホームページの企画・管理運営を担当しています。マスコミからの取材や見学・来訪者に対応し、関係研究室等との連絡・調整も担当しています。

刊行物の発行に関すること

研究報告、特別報告、研究資料、紹介リーフレット等を刊行しています。また業務概要を編集し、刊行しています。

情報の収集及び伝達に関すること

図書及び図書室の管理を担当しています。また農業関連情報の収集及び伝達を行っています。

ナシ長期経営シミュレーションシステムの開発

ナシの老木化に対処するために必要な改植を、より有利に行う時期と規模を明らかにし、経営試算を行えるシステムの開発に取り組んでいます。

ネギ産地の構造変化に対応するための誘導目標となる経営モデルの策定

ネギ産地の維持発展のための誘導目標となる経営モデルを策定することを目的に、産地の現状把握、経営試算に必要なデータの収集・整理を行い、誘導目標となる経営モデルの策定に取り組んでいます。

産地の生産力推定技術の開発

県内産地を対象に、土地・労働などの投入から実現可能な生産量を推定する技術を開発し、産地振興のために重視すべき視点を明らかにします。

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター研究マネジメント室

電話番号:043-291-0151

ファックス番号:043-291-5319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?