ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林関係出先機関 > 農林総合研究センター > 本場地区 > 病理昆虫研究室 Plant Pathology and Applied Entomology Laboratory

更新日:平成29(2017)年10月24日

病理昆虫研究室 Plant Pathology and Applied Entomology Laboratory

研究の基本方向

 新たに発生した病害虫や、県内で問題となっている病害虫の防除技術確立に取り組んでいます。 また、天敵や土壌微生物の活用など、農薬以外の防除法も組み合わせて総合的に病害虫を管理する技術開発を行っています。

現在の主な取組

千葉県の農業生産上問題となる難防除病害に対する防除技術の確立

にんじん乾腐病、そらまめのモザイク病など、県内で新たに発生し問題となっている病気や、なし黒星病、ねぎ黒腐菌核病など千葉県の農産物生産に大きな被害を与える病気について、病原菌の生態を明らかとし、防除技術を開発しています。

ニンジン乾腐病 そらまめウィルス ナシ黒星病 ネギ黒腐菌核病

  [写真]  左  春にんじんで問題となっている「にんじん乾腐病」

     左中 新たに発生したそらまめのウイルス病

     右中 なしの重要病害「黒星病」

     右  ねぎの難防除病害「黒腐菌核病」により大幅に減収した圃場

 

環境にやさしい資材を活用した土壌病害虫防除技術の開発

  一旦発生すると根絶が難しい厄介な土壌病害虫を、微生物の働きや植物の力を利用して防ぐ技術開発を行っています。

土壌還元消毒法 土壌還元法効果 センチュウ

[写真] 左 農薬を使わず、微生物の力を利用して病害虫を防ぐ「土壌還元消毒法」の試験

    中 土壌還元消毒法のネコブセンチュウに対する効果

   (右:土壌還元消毒により被害減少 左:無消毒)

    右 土壌中に潜む害虫「センチュウ」(顕微鏡下で拡大した写真)

 

農薬を効率的に使用して病害虫を防除する技術の開発

新農薬の効果検定や農薬を効率的に使用する技術の開発、薬剤耐性病害虫の発生を抑制する農薬の組み合わせを研究しています。

植木消毒技術の開発 スピードスプレヤー 薬剤抵抗性試験

 [写真] 左 日本の植木を海外に輸出するために必要不可欠な消毒技術の開発

    中 様々な殺菌剤を組み合わせ、薬剤耐性菌の発生を防ぐ試験

     (写真はなしの病害対策)

    右 各種農薬の害虫に対する防除効果を検定

天敵を利用した環境にやさしい害虫管理技術の開発

環境にやさしい防除資材として天敵昆虫(生物農薬)が注目されています。市販されている天敵と土着天敵を組み合わせた害虫管理技術の実用化を目指した研究を行っています。

 キイカブリダニ ミヤコカブリダニ  ハダニ類防除 

[写真]左 ねぎの害虫ネギアザミウマを捕食するキイカブリダニ(土着天敵)

   中 なしの害虫ナミハダニを捕食するミヤコカブリダニ

    (土着天敵であり、市販もされている)

   右 天敵を入れた資材をなし樹に設置して害虫ハダニ類を防除する試験

 

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病理昆虫研究室  

電話番号:043-291-0151

ファックス番号:043-291-5319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?