ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月23日

野菜・花き研究室 Vegetable Crops and Ornamental Plants Laboratory

研究の基本方向

ナバナなど南房総地域の特産野菜と県下全域の温室メロンの生産振興支援のための試験研究を推進するとともに、観光・直売施設を核とした南房総の6次産業化を支援する農業技術開発に取り組んでいます。また、ナバナについては、本県に適合し有利性を発揮できる独自の品種改良を進めています。
主要な研究課題は以下のとおりです。
  • 観光・直売施設を核とした南房総6次産業化を支援する農業技術開発
  • 在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価
  • 臭化メチルを使用しない地床アールス系メロンの栽培法の確立
  • 根こぶ病に強い食用ナバナの品種育成

切り花生産農家を技術的に支援する試験研究を行います。また、消費者から求められている切り花の品質管理技術の開発について取り組みます。
主要な研究課題は以下のとおりです。

  • 花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発
  • カラーの疫病抵抗性早生優良品種の育成
  • 切り花におけるLEDを用いた電照栽培技術の確立

現在の主な取組

観光・直売施設を核とした南房総地域の6次産業化を支援する農業技術開発

晩生エダマメや晩生カリフラワーなど在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価を行います。

[写真]晩生カリフラワー「マーチ村田」

臭化メチルを使用しない地床アールス系メロンの栽培法の確立

2013年に完全に使用できなくなった臭化メチル剤の代替技術として開発した、アールス系メロンの脱臭化メチル栽培マニュアルを更に改善するため、メロンえそ斑点病抵抗性を有する播種期別優良品種の選定、及びその他の土壌病害の回避技術の確立等に取り組んでいます。


[写真]えそ斑点病発生圃場

根こぶ病に強い食用ナバナの品種育成

県南地域で根こぶ病が多発し、問題化しているため、(独)野菜茶業研究所が育成した根こぶ病抵抗性ハクサイ中間母本と千葉県及び種苗会社の持っている遺伝資源を交配し、根こぶ病抵抗性DNAマーカーを活用して、強度根こぶ病抵抗性を有する早生及び中生新品種を育成します。


[写真]根こぶ病の発生程度

花持ち保証に対応した切り花品質管理技術の開発

現在、花持ち保証販売により、消費の拡大が期待されています。
本県における有望な新品目であるカラー、キンギョソウについて、花持ちに及ぼす品質保持剤処理、栽培・輸送条件、品種間差等を解明し、カラー及びキンギョソウ切り花の品質管理技術の開発をすすめています。

[写真]カラーの観賞期間調査

カラーの疫病抵抗性早生優良品種の育成

カラー主産地の君津地域では、疫病抵抗性品種「ウェディングマーチ」が主に栽培されていますが、開花時期が遅い欠点があります。そこで、切り花草姿が優れて疫病に強く、年内開花率が高い品種の育成を進めています。


[写真]左:新品種「アクアホワイト」
右:既存品種「ウェディングマーチ」

切り花類におけるLEDを用いた電照栽培技術の確立

LED光源がカーネーション、キンギョソウ等千葉県特産切り花類に及ぼす開花促進効果などを明らかにし、本県における新たな切り花生産技術の開発をすすめています。

[写真]LED光源の開花への影響

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター暖地園芸研究所野菜・花き研究室

電話番号:0470-22-2962

ファックス番号:0470-22-2604

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?