ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月23日

生産環境研究室 Agro-Environment Laboratory

研究の基本方向

県南地域では、花き類や特産園芸作物(ビワ、食用ナバナなど)を中心とした園芸生産や観光農業が行われています。こうした園芸生産で問題となる病害虫などを克服するための試験研究を行います。また、気象変動に対応した病害虫管理技術や新たな病害虫の早期診断技術の開発に取り組んでいます。最近になって拡大している農作物の野生鳥獣被害を防止するための調査研究にも取り組んでいます。

主要な試験研究課題は以下のとおりです。

  • ビワ害虫カメムシ類の早期発生予測に基づく防除体系の確立
  • 食用ナバナ根こぶ病汚染状況の把握と防除対策
  • 臭化メチルを使用しないメロンえそ斑点病防除技術の確立
  • 農林作物の野生鳥獣による被害軽減化技術の開発

現在の主な取組

ビワ害虫カメムシ類の早期発生予測に基づく防除対策の確立

春から初夏にかけて収穫前のビワを加害するカメムシは、毎年その発生量が大きく変化します。これまでの取り組みにおいて当研究所で開発したカメムシ発生量の早期予測に基づき、被害抑制効果の高い二重果実袋などによる防除体系を実証します。

[写真]袋をかぶせたビワを加害するカメムシ類

食用ナバナ根こぶ病汚染状況の把握と防除対策

食用ナバナは、南房総地域の重要な特産品目です。しかし、根こぶ病の被害が年々拡大する傾向にあります。そこで、南房総地域での発生実態を明らかにし、おとり植物や薬剤による防除、抵抗性品種の導入による防除効果を明らかにします。

[写真]食用ナバナに発生する根こぶ

臭化メチルを使用しないメロンえそ斑点病防除技術の確立

これまでメロンの土壌病害、えそ斑点病の防除に使われてきた臭化メチル剤が完全に使用できなくなりました。そこで、抵抗性品種やトマトとの輪作を行うことで土の中の病気を減らし、臭化メチル剤に依存しない栽培や防除の体系を確立します。

[写真]病気の汚染土で行うメロンの栽培試験

農林作物の野生鳥獣による被害軽減化技術の開発

イノシシによる水稲被害の実態把握とともに、防護柵による被害対策の確立を図ります。また、カメラ等を利用した行動把握により捕獲を行い、それによる被害及び生息域への影響を調査し、効率的な捕獲による被害防止対策を明らかにします。

[写真]タケノコを食害する5頭のイノシシ

【前のページへ戻る】

【農林総合研究センターTOPへ戻る】

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター暖地園芸研究所 生産環境研究室 

電話番号:0470-22-2963

ファックス番号:0470-22-2604

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?