サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年5月31日

千葉県奨学資金貸付金の振込み誤りについて

発表日:平成30年5月30日

千葉県教育庁企画管理部財務課

千葉県奨学資金貸付金を、誤って別人の口座に振り込んだ事案が2件判明いたしました。

事案発覚後、振込みがなされなかった奨学生に対し謝罪するとともに、速やかに振込みの手続きをとりました。

御迷惑をおかけした関係者の方々、県民の皆様に対し、お詫び申し上げます。

今後このようなことが二度と起こらないよう、再発防止に努めてまいります。

1 経緯

平成30年4月に旧財務施設課が財務課と教育施設課へ再編されたことに伴い、県の財務会計システムで支払を行う際に使用する、相手方に関するコード番号(※)が変更になりました。

平成30年4月中旬に、財務課の30代の男性職員(主事)がこの新しいコード番号を奨学資金を管理するシステムに反映する作業において、氏名(漢字)・貸付金額により確認を行っていました。

しかし、<1>奨学生と同姓同名の元奨学生が1名、<2>別の奨学生と同姓同名の、奨学のための給付金の元受給者が1名いたことから、それぞれコード番号を取り違えて登録し、この結果、2人の別人の口座に誤って振込んでしまったものです。

なお、貸付金額については、照合する2つの資料とも同一のデータ元から引用していたため、チェック機能を果たしていませんでした。

(確認手順の詳細は、資料2のとおり)

<1>については、通常の振込日である5月18日(金曜日)に振込みがなされなかった奨学生の保護者から5月24日(木曜日)に在籍する高等学校へ問い合わせがあったことから、<2>については、他の登録誤りがないか再確認している中で、5月28日(月曜日)に誤りが判明しました。

※ 支払の相手方である各個人・法人ごとに割り振られるコード番号。全所属共通で使用するもの(相手方コード)と、登録した所属でしか使用できないもの(所属特定相手方コード)があり、今回は後者。所属再編に伴い、旧財務施設課で登録していた所属特定相手方コードが新しい財務課のコード番号に変更された。

2 誤振込件数

2件

3 対応状況

  • (1)「1経緯 <1>」の振込みがされなかった奨学生には、在籍する高等学校を通じて5月24日(木曜日)に謝罪し、貸付金は5月29日(火曜日)に振込みました。
    誤って振り込んだ元奨学生には、5月28日(月曜日)に謝罪し、返金していただきました。
  • (2)「1経緯 <2>」の振込みがされなかった奨学生には、5月28日(月曜日)に謝罪し、貸付金は31日(木曜日)に振込み予定です。
    誤って振り込んだ、奨学のための給付金の元受給者には、現在連絡を取っているところです。
  • (3)他の同姓同名の奨学生については、同様の誤りがないことを確認済みです。

4 原因

  • 組織改編による臨時的な業務で、慣れない作業であった。
  • 男性主事はコード番号を修正するにあたり、1人で目視による確認を行っていた。
  • 複数あるデータ項目のうち氏名、貸付金額のみにより確認していたため、同姓同名の方のデータであることに気づかなかった。

5 再発防止策

今後、コード番号の修正にあたっては、複数人により、氏名のみならず、住所や登録口座の情報も含めて十分に確認いたします。

また、今回のように同姓同名等間違いやすいものについては、上席の職員が再確認を行います。

6 参考

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部財務課育英班

電話番号:043-223-4027

ファックス番号:043-221-4632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?