ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月5日

体罰根絶に関するリーフレット

体罰なんかいらない!(平成26年9月)

教育振興部教職員課

体罰は、子どもたちの人権を侵害するだけでなく、心に深い傷を負わせるとともに、暴力を肯定する児童生徒を育成することになる等、暴力の負の連鎖を招きます。また、児童生徒や保護者だけでなく、社会全体の学校に対する信頼を著しく失墜させることにもなります。
これまで千葉県教育委員会は、体罰の防止の徹底に努めてきました。しかしながら教職員による児童生徒に対する体罰は、いまだ根絶に至っていません。引き続き教職員一人一人が、体罰の根絶について真摯に取り組んで行かなければなりません

「体罰に教育効果なし。」常に指導力の向上を図りましょう。

リーフレットのダウンロード

リーフレットの内容

体罰根絶に向けたメッセージ

  • 「気付かせて、辛抱強く待つ忍耐力が、指導者には必要」京谷和幸(千葉県教育委員会教育委員)
  • 「何故、怒る」所正孝(県立安房高等学校教諭)
  • 「選手とともに」秋葉麻帆(県立幕張総合高等学校教諭)

一生消えない後悔

  • 体罰を起こした教職員の反省
  • 刑事上の責任
  • 行政処分
  • 民事上の責任
  • 教育活動への信頼
  • コラム「怒りのコントロール」

体罰根絶に向けた県教育委員会の取組み

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部教職員課管理室

電話番号:043-223-4036

ファックス番号:043-225-2374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?