サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 成田・羽田空港 > 羽田空港について > 羽田再拡張事業に関する協議について > 羽田空港・発着枠及び方面別機数の柔軟化、南風好天時における騒音軽減策について

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年9月25日

羽田空港・発着枠及び方面別機数の柔軟化、南風好天時における騒音軽減策について

発表日:平成25年11月8日

千葉県総合企画部空港地域振興課
043-223-2268

「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」では、国土交通省に対し、騒音軽減策の実施について要請を行っているところですが、本日開催された連絡協議会において、国土交通省から“発着回数・方面別機数の柔軟化及び到着機の面的運用”及び“南風好天時における北側ルートの高度引き上げ方策”について、以下のとおり説明がありました。

国土交通省からの説明内容

1.発着回数・方面別機数の柔軟化及び到着機の面的運用について

国際線の需要が一定時間帯に集中することから、来年3月の国際線増枠に合わせて、1日の総枠数を変えずに、1時間あたりの発着回数をそれぞれ37~43回の範囲内で柔軟に対応する。
また、欧米便及び東南アジア便の増加に伴い、国際線の遅延等による到着機の集中に対応するため、一部の便を他の飛行ルートに誘導する面的運用を行う。

2.南風好天時における北側ルートの高度引き上げ方策について

北側ルートの高度引き上げを検討した結果、現状ルートより東側に経路を移設し、500フィートの高度引き上げを行う試行運用案を提示。

添付資料

飛行ルート図(県作成資料)(PDF:159KB) 

連絡協議会としての対応

  • 首都圏空港の騒音負担を一手に引き受けている状況の中で、柔軟化による運用は、一層の騒音負担を強いられることから、受け入れられるものではなく、抜本的な対策が急務である。
  • また、南風好天時における北側ルートの高度引き上げ方策については、騒音軽減策としては不十分であり、更なる高度引き上げやルートの分散化等の改善が必須である。
  • これらのことから、国土交通省に対して要望を行うこととした。  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域振興課空港政策室

電話番号:043-223-2283

ファックス番号:043-224-1896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?