ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 成田・羽田空港 > 羽田空港について > 羽田空港の機能強化に関する協議について > 「第1回 羽田空港機能強化に関する連絡調整部会」の結果について

報道発表資料

更新日:平成27(2015)年9月17日

「第1回 羽田空港機能強化に関する連絡調整部会」の結果について

発表日:平成27年9月16日

総合企画部空港地域振興課

電話:043-223-2268

「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」では、羽田空港の機能強化に関する国からの説明の受け皿となる「羽田空港機能強化に関する連絡調整部会」を設置し、本日第1回の会議を開催しました。

出席者

(国)国交省航空局 環境・地域振興課 東京国際空港環境企画調整室長 他

(県)総合企画部次長、空港地域振興課長 他

(市町村)関係9市の部課長等

※関係9市:千葉市、市川市、船橋市、木更津市、松戸市、佐倉市、君津市、浦安市、四街道市

内容

  1. 羽田空港機能強化に関する連絡調整部会の設置について
    • 県から、連絡協議会の構成員25市町から同意を得たことから、県の提案どおり、部会を設置し、本日、第1回の部会を開催した旨を説明。
  2. 機能強化に係る取組状況等について
    • 羽田空港機能強化に関する取組等について、国から説明
    • オープンハウスの状況等について、国から説明。
    • 住民への広報について、国から説明。

連絡調整部会における主な意見等

  • 都心上空ルート案が示されたことは、従来から求めてきた首都圏全体での騒音分担の具体化に向けた第一歩が示されたと評価。
  • 羽田空港の機能強化にあたっては、本県に騒音負担のしわ寄せが来ないよう求めるとともに、夜間の騒音影響についての懸念や、南風悪天時の運用改善、北風時の富津沖海上ルートの運用比率向上など、現在の騒音影響の更なる軽減を図ることも必要。
  • 都心上空ルート下で住民説明会が開催されているが、本県においては、これまで騒音影響を一手に引き受けてきた経緯を鑑みて、特に丁寧な対応をしてもらいたい。
  • 国、県、関係市で情報を共有し、理解を深めるための方策を検討していく。                    

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域振興課空港政策室

電話番号:043-223-2283

ファックス番号:043-224-1896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?