ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 成田・羽田空港 > 羽田空港について > 令和2年3月29日以降の羽田空港の新飛行ルートに係る実機飛行確認の実施について(1月30日~3月11日の期間内に実施) ※実機飛行確認は2月12日に終了しました。

更新日:令和2(2020)年3月29日

令和2年3月29日以降の羽田空港の新飛行ルートに係る実機飛行確認の実施について(1月30日~3月11日の期間内に実施) ※実機飛行確認は2月12日に終了しました。

羽田空港の新飛行経路の運用開始に向け、国土交通省において、令和2年1月30日~3月11日の期間内に、以下のとおり実際の航空機による飛行確認が行われました。

実機飛行確認においては、管制官による新飛行経路の運用の手順等の確認などが行われました。

詳しくは、次の国土交通省ホームページを御覧ください。

なお、県内における現在の飛行ルートについては、次のページを御覧ください。

 ※新飛行ルートは令和2年3月29日から運用が開始されました。

<1>北風運用時の実機飛行確認(1月30日~2月12日の間の7日間程度)

【1】北風新飛行経路(出発)・・・7時~11時半、15時~19時(注1)

  • 1時間あたり22回程度(注2)

<2>南風運用時の実機飛行確認(2月1日~3月11日の間の7日間程度)

【2】南風新飛行経路(到着)・・・15時~19時(注1)

  • A滑走路到着1時間あたり14回程度(注2)
  • C滑走路到着1時間あたり30回程度(注2)

【3】南風新飛行経路(出発)・・・15時~19時(注1)

  • 1時間あたり20回以内(注2)

(注1)15時~19時は、経路の切り替え時間帯を含むため、実質3時間程度の運用
(注2)現行の発着回数80回/時の範囲内で飛行
(注3)天候等により、必要な予定日数の実施ができなかった場合でも、実機飛行確認の期間を延長することはありません。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域振興課空港政策室

電話番号:043-223-2283

ファックス番号:043-224-1896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?