ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月14日

公共ふ頭 浜金谷港

※各施設の現在の運用状況は木更津港湾事務所にお問い合わせください。

浜金谷港概要

浜金谷港は房総半島の西部中南部に位置する港です。

昭和30年港湾区域の認可を受けその後、対岸の久里浜との間にカーフェリーが就航するに至り地域の発展に大きく寄与するところとなりました。

その後、昭和53年7月富津市に代って千葉県が港湾管理者となりました。

現在は主としてフェリーと砂・砂利積出港として利用されています。

主要施設

(1)けい留施設

対象
番号

バース名

延長
(メートル)

所定水深
(メートル)

エプロン幅
(メートル)

対象船舶
(重量トン数)

構造・様式

備考(供用年)

1

北港A岸壁

74

-5.0

15.0

1,000

重力式

供用中(平成2年)

2

北港B岸壁

77

-5.0

15.0

1,000

重力式

供用中(平成3年)

3

南港物揚場

135

-4.0

10.0

500

重力式

供用中(昭和58年)

4

南港船揚場

60

-4.0

 

10総トン

コンクリートブロック

供用中(昭和35年)

(2)荷捌地、野積場

対象番号

名称

面積(平方メートル)

5

1号荷捌地

1,376

6

2号荷捌地

2,664

7

3号荷捌地

3,460

施設平面図

浜金谷港施設平面図(JPG:188KB)

<クリックすると拡大図が表示されます>

浜金谷港写真(JPG:201KB)

<クリックすると拡大図が表示されます>

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課企画班

電話番号:043-223-3843

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?